百年前新聞

2018-05-24

百年前新聞とは?

女性向け、風邪薬、滋養剤など 大正4年8月9月

大正4年9月21日

<女性向け>


津村順天堂さんの中将湯です。婦人病全般に。


世間の薬で治らない方は・・・だそうです。


村井弦斎さんは、この頃のジャーナリスト、作家で、「食堂楽」というベストセラーがあります。夫人は大隈重信の従妹だそうです。


<風邪薬>


ハカリ印のヘブリン丸です。


すごい咳ですね!

<滋養剤>


フェロールもよく広告が掲載されています。よく売れていたと思われます。


こちらも滋養剤です。栄養不足ということも多かったんでしょうね。


索引語:健康・医療 生活

Posted by 主筆 at 2015/09/21/19:48

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ