百年前新聞

2018-04-25

百年前新聞とは?

初のイギリス人禅宗僧侶

大正4年7月12日

7月12日の読売新聞に「英人の僧侶 禅宗得度」という記事があります。

この記事によると、1915年7月11日に鎌倉の東慶寺において、イギリス人M.T.カービー氏が禅宗の得度を受けたとのこと。
「白哲人にして我が仏教に帰依し僧籍に入りたるは実に氏が嚆矢」ということで、この方が白人初の日本仏教の僧侶だったのでしょうか。

M.T.カービー氏は、元々キリスト教の牧師でしたが、仏教の研究に努め1913年に来日、京都の平安中学校の教師となったとのこと。
その後、東慶寺の釈宗演住職に師事し、この度、釈宗覚という戒名を得ることとなりました。

同記事によると、この後7,8年間の修行を重ね、アメリカで仏教寺院を建立する予定とのことでした。

その後のカービー氏の足跡をたどろうと思い、ネットで検索してみたところ、1916年にカナダに帰国し、バンクーバーで布教をされたそうです。
1921年にハワイに招かれ、ハワイで布教後、また日本に戻られたとのこと。

「海を渡った近江門徒」白人僧侶たちのその活躍

いろんな方が居て、いろんな歴史を作ってきたんだな、と思います。


索引語:宗教

Posted by 主筆 at 2015/07/12/11:55

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事はありません。 次の記事へ