百年前新聞

2018-01-21

百年前新聞とは?

大正時代の女学生の夏休みの心得 京華女学校

大正4年7月25日

大正4年7月25日の読売新聞に、「女学生夏休みの心得」という記事があります。

「夏期休暇中は女学生達が邪道に踏み入り易いので」ということで、京華高等女学校の夏休みの心得のうち、「特殊なもの」ということで紹介されています。

・祖先の墓を始め知己の墓にはつとめて参詣すべし

・散歩、物見遊山等には必ず家人と共に行くべし、その際服装髪飾りなどを、あまりけばけばしくして、人の注意を惹くが如きを避くべし

・避暑旅行等に就いて両親家人に強請すべからず。避暑旅行に行かざるを恥とするが如きは虚栄心の結果と心得べし

・社会の出来事を見聞し、悲哀の感、不快の情のきざしたる時は、学校にて習得せし唱歌を復習し、専ら心情の平和清麗を保つに努むべし

・安逸は悪習慣を作る傾向なるが故に、休暇中は専ら良習慣を作り、在来の悪習慣を打破するに努むべし

「社会の出来事を見聞し、悲哀の感、不快の情」というのは、なんだか深そうですね。

安逸は悪習慣を作る傾向・・・肝に銘じます。




索引語:教育 生活 社会

Posted by 主筆 at 2015/07/25/11:25

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ