百年前新聞

2018-05-24

百年前新聞とは?

大浦前内相不起訴は尾崎法相の指示、アルメニア人虐殺報道ほか

大正4年9月25日

オリンピック号

大正4年(1915年)9月24日の出来事一覧

【政治】大浦前内相不起訴は尾崎法相の指示
【経済】軍靴製造業者の好況
【社会】男女混合教育は良いか悪いか
【スポーツ】シカゴ大対早稲田大 5対3でシカゴの勝ち
【社会】土生玄碩の遺品展覧会
【第一次世界大戦】ギリシャ動員
【第一次世界大戦】アルメニア人虐殺報道
【第一次世界大戦】オリンピック号が軍用船として徴用

<国内>

大浦前内相不起訴 尾崎法相の指示

尾崎行雄司法大臣は、24日横浜市での県会議員選挙の応援に赴き、「現内閣の位置」と題する演説を行いました。
演説中に、大浦前内相の不起訴に関して、尾崎法相の指示であったことを述べています。

(大略)
「大浦兼武氏の不起訴は、余は司法大臣として起訴するに及ばずと信じ、その意を当該司法官に伝えた。

元来大浦氏は、しばしば輔弼の重任を負えるのみならず、将来あくまで政治家として国家のために尽くそうとする意志を持った人である。今回の事件に触れて、その栄職を辞し、政治的公生涯を捨てて、今やまったく隠退の身となったことは、普通の人が二三年の体刑を受けるよりも、いっそうの苦痛とするところである。

これが、余がこれ以上、大浦氏に対して追及する必要を認めなかった理由である。不起訴は余単独の責任に属し、決して内閣全体の責任ではない。」

軍靴製造業者の好況

大倉組がロシアの軍靴を5万足以上の注文を請けた、という噂は事実かどうか分かりませんが、東京府千住の日本製靴株式会社では、昼夜兼行で靴を作っています。
また、隣接した日本皮革会社でも、靴用の皮革製造を残業して作っています。

職工の多くは素人で、附近の農家の子弟を集めています。これから農閑期に入り、附近の農家は臨時収入に喜んでいるとともに、近隣の商店も間接的な影響を受け、町に活気が見られます。

男女混合教育は良いか悪いか

先日、高田文相が新大学令を発表した際に、「男女混合教育を行うかどうかは、今後の課題である」と発言したことに伴い、男女混合教育に関して議論が起こっています。

夕陽丘高等女学校校長の談

従来、我が国ではあまり男女を区別しすぎたために、お互いに理解が出来ないで相手を珍しがり、相手に対して愚かな考えを持ち、たまたま接近すると、容易に危険に陥る傾向がある。

それで私は、青年前期は混合教育が良いと思う。幼稚園の子供らは、自分が男だとか女だとかいうことにはほとんど無感覚に睦まじく遊んでいるのだから、そのまま中学卒業まで進んでいけば害はないばかりか、非常に鍛錬されるであろう。

しかし高等学校以上になれば、混合では男女とも落ち着かぬ心理状態になって、勉強が出来ない上に、男子は女性化し、女子は男性化するという弊が起こってくるだろう。
またどのように頭のよい女子でも、大学に学ぶ年頃になれば、男子と肩を並べて勉強をすることは難しくなるのだから、ここで混合教育をしようと思えば、当然の結果として大学の程度を下げるか、女子に無理を強いるかになる。
すなわち青年後期の混合教育には、私は賛成が出来ない。

清水谷高等女学校校長の談

高等の学問を修めたい女子のためには、女子大学を特設するのが当然であるが、もしその設備がない場合には、たとえ多少の手加減をしてやっても、混合教育を受けさせるに何の差支えもない。
こうすることは、一般女子の向上心をひきおこすのみならず、大学にでも入学しようと思うほどの女子は天才を有するに相違ないのだから、そんな人々を良妻賢母の鋳型に入れてしまうのは、国家のためにも不利益だと思う。

風儀上の問題は、別に心配するほどのことはあるまい。夫は妻より偉くなければならないと昔から考えられているから、女子は自分と同じ程度の学問をしている男子に対して、むしろ侮蔑の態度を持っているし、また誘惑されやすい年頃は既に経過している。

しかしこの問題をあまり心配しなくても、女子の大学入学希望者が続出することは、近い将来においてないだろう。

シカゴ大学 対 早稲田大学 5対3でシカゴの勝ち


ジャーデン君(投手)

先日来日したシカゴ大学野球団と、早稲田大学の試合が行われました。
絶好の好天で、2万人の球場が満席となり、早稲田大学の安部運動部長は「野球は、我国の国技になること請け合いです」と、野球人気の盛り上がりに期待を込めています。

各界の著名諸氏も観戦に訪れ、児童文学作家の小川未明氏は、満員札止めで入れず困っているところ、知人のはからいにより、やっとのことで2等席にたどり着きました。

試合はシカゴ大学のジャーデン君(Paul Des Jardien)の好投もあり、5対3でシカゴが勝利しています。

土生玄碩の遺品展覧会

先日、江戸時代の眼科医土生玄碩に対して、日本の医学に貢献したとして、死後160年経って従四位が授けられました。
受勲を記念して、26日から東京帝大の医学教室で、土生玄碩の遺品展覧会が行われる予定になっています。
日本で初めて白内障の手術をした際に使用された針などが、展示される予定です。

<海外>

ギリシャ動員

ブルガリアの動員に対応するため、ギリシャが国内に動員令を公布しました。

アルメニア人虐殺報道


ニューヨークタイムス9月25日

ニューヨークからの来電によると、ワシントンのアメリカ国務省に、トルコ人によるアルメニア人虐殺の防止を求める建議書が、在外アメリカ人宣教師から届きました。

建議書には、45万人のアルメニア人が虐殺され、60万人が家を奪われ追放された、と書かれてあります。
国務省は、在トルコ大使に対し、事実の調査を命じました。


某外交通の談


6年前トルコに革命が起こったときも、40万人の虐殺ということが伝えられたが、実際は400人程度だったことから、今回の電報も数字が誇張されているのでは。まず4万5千人、6万人とでも見るのが至当だろうが、これとてもやや疑わしい。

アメリカでは多数の宣教師を全国に送っていることから、イスラム教徒からキリスト教徒の保護を目的としているのだろう。
アルメニアは山国であり、小さな町が各所に散在しているのだから、いかに衝突したといしても一挙にこれを屠るなどということは不可能である。
目下ロシア軍がコーカサスからアルメニアに侵入している際であるから、トルコがこのような殺戮を行なうはずがない。

ただ真相と見るべきは、アルメニア人が独立を図り、そのためロシア軍に気脈を通じ、その一部に多少の殺戮が行われたのではないか。

(*実際にはかなりの数の虐殺が行われています)

<このとき>

出来事

  • ドイツが物価統制のため、価格審査所を設立しました。
  • イギリス軍としては初めて、塩素系毒ガスを使用しました。
  • イギリスの客船オリンピック号が軍用船として徴用され、リバプールからトルコのガリポリに向けて、部隊輸送の任務に出発しました。オリンピック号はタイタニックの姉妹船で、当時世界最大の客船です。(全長269m)
  • チェコの作家ヤロスラフ・ハシェックが、従軍中にロシア軍の捕虜になっています。

訃報: ピョートル・ドゥルノヴォ (ロシアの政治家)


1845年生まれ、享年70歳。
1905年セルゲイ・ウィッテの推薦で内務大臣となり、ウィッテ首相を支えました。
政治的には、ドイツとの同盟に賛成、英仏との接近に反対されています。
ロシア帝国で最後に自然死した内務大臣となりました。
(彼の後任の6人は、全て暗殺されたり、テロの犠牲となっています。)


誕生日


嶋田 繁太郎 (32) 海軍大学校学生(大尉)
スコット・フィッツジェラルド (19) プリンストン大学学生


索引語:アメリカ イギリス ドイツ バルカン諸国 中東 司法 政治 教育 産業 第一次世界大戦 訃報 経済

Posted by 主筆 at 2015/09/24/17:05

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ