百年前新聞

2018-04-25

百年前新聞とは?

乃木家親族会議、鈴が森お春事件の公判ほか

大正4年9月29日

大正4年(1915年)9月28日の出来事一覧

【地方】府県会議員選挙の途中経過発表 野党やや優勢
【社会】乃木家親族会議
【社会】スリ21名検挙、説諭の上釈放
【社会】鈴が森お春事件の公判
【第一次世界大戦】クート・エル・アマーラを占領(メソポタミア戦線)
【中国】帝政問題 重要閣僚の反対
【訃報】斎藤一 (元新選組・警察官)

<国内>

府県会議員選挙の途中経過発表 野党やや優勢

19日から行われている全国の府県会議員選挙の途中経過が、内務省から発表されました。

野党: 政友会477、国民党71
与党: 同志会447、中正会35
無所属: 217

全体的には野党優位の結果となっています。

乃木家親族会議

28日乃木家の親族会議がありました。

会議は世間の目を離れ極秘で行われ、新聞記者もどこで会議が行われていたか掴んでいません。
夜、故乃木将軍の甥、玉木少佐を訪れると、下記のように語りました。

「今朝9時から午後6時まで親族会議を行い、家宝引き渡しについて種々討議したのは事実である。されど、その内容を発表出来ないことは遺憾である。
なお重ねて会議を開くかもしれず、また近く何等らの機会をみて公表することが出来るかもしれないが、今日のところは何事も語りにくい。」

スリ21名検挙、説諭の上釈放

警視庁では、御大典に際してスリの被害に遭うものが多いだろう、ということから、仕立屋銀次の子分21名を検挙しました。
また、各署のスリ係40余名を召集し、スリの顔見世をしています。

検挙されたスリ21名は、説諭の上、釈放されています。

鈴が森お春事件の公判

今年の4月30日、東京府大森の鈴ヶ森鬼子母神境内において、田中お春(25)を殺害した容疑者小守壮輔(36)の第一回公判が、東京地方裁判所で行われました。

小守被告は、涙にむせびながら終始伏し目がちでしたが、自らの発言はしっかりと行いました。

「凶行当夜は浅草に行っていたので、お春方へ行くはずはない。しかもお春と関係を絶ってからは、顔を見るのも嫌で、家の前を通るのも嫌だった。

手錠をはめたまま吊り下げられたり、一日中椅子の下に押し付けられたり、警視庁で拷問を受けたため、心にもない自白をした。」

次回公判は10月17日に予定されています。

ロシアの「一寸法師劇団」開演


本郷座でロシアから来日した「一寸法師劇団」の演劇があり、楽しまれています。


<海外>


世界大戦の戦局


クート(ヤフーマップ)

西部戦線で、引き続き英仏連合軍とドイツ軍の戦いが続いています。

クウェートから進軍した、イギリス本国とインド兵からなる遠征隊が、オスマントルコ軍を撃破、クート・エル・アマーラを占領しました。
遠征隊は、さらにバグダッドを目指して進軍する予定です。

中国の帝政問題

袁世凱大総統への皇帝就任運動が高まっており、中華民国副大総統の黎元洪氏が、副大総統を辞任したという入電がありました。
また、軍部に力を持つ徐世昌氏も、帝政急進派を諫めたという報道があります。

<このとき>

訃報: 斎藤一 (元新選組・警察官)

天保15年(1844)年生まれ、享年71歳。
文久3年(1863)壬生浪士組の結成時に入隊、後に新選組の三番隊組長となります。
大政奉還後は旧幕府軍に従い、戊辰戦争に参加。江戸城明け渡しの後も、会津藩に従い新政府軍と戦いました。

維新後は藤田五郎と改名し、明治7年(1874)警視庁に採用され、西南戦争では抜刀隊として活躍。
明治24年(1891)年(47歳)に警視庁を退職してからは、東京博物館の看守や、東京女子師範学校の警備の仕事をされました。

大正4年1月に、二番隊隊長の永倉新八氏も亡くなっています。

誕生日

ジョルジュ・クレマンソー (74) フランス政治家


索引語:イギリス トルコ 中国 事件 演劇 訃報 選挙

Posted by 主筆 at 2015/09/28/23:41

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ