百年前新聞

2018-01-22

百年前新聞とは?

アメリカ巡業力士団らが帰国、維新志士がミイラ化ほか

大正4年10月20日

大正4年(1915年)10月19日の出来事一覧

【政治】台湾総督府 民政長官の交代
【経済】株式市場の高騰
【陸軍】大元帥陛下 演習地弘前へ到着
【社会】地用丸で力士一行らが帰国
【社会】維新志士がミイラに
【スポーツ】シカゴ大学野球団 大阪でも試合
【第一次世界大戦】イタリアとロシアが、ブルガリアに宣戦布告
【訃報】渡辺 重石丸 (わたなべ いかりまろ / 国学者)

<国内>

台湾総督府 民政長官の交代

台湾総督府の内田民政長官が病気のため辞職し、後任に逓信省貯金局長下村宏氏(40)が決定しました。

株式市場の高騰

世界大戦の影響により、船会社を中心に株式市場が高騰しています。日本郵船の株価は、日露戦争後の最高価格を抜いて最高値となっています。

大元帥陛下 弘前へ到着

陸軍大演習の総裁のため、午後5時24分、天皇陛下が無事に弘前にご到着になりました。
大山元帥、岡陸相等が出迎え、数万人の市民も歓迎しています。

地用丸で力士一行らが帰国

ハワイ発の地用丸が横浜に到着し、先日アメリカに巡業した力士や、安達メキシコ公使らが帰国しています。

安達メキシコ公使

昨年7月にウエルタ氏が亡命して以来、メキシコ国内では争乱が絶えない。
余が出発した際も、前後に3台の試験車両をつけて、線路爆破に備えていたほどである。

メキシコ人はいずれも親切な待遇をしてくれたが、国内の交通が遮断されているため、ニューヨークの領事から送ってきた20通以上の手紙も、1通しか届いていなかった。よって、メキシコの各地方の状況も良く分からない。

首都では各将軍が勝手に軍票を乱発して流通させるため、紙幣が下落し、物価は高騰し、住民は大変苦しんでいる。首都に在住の日本人は300人で、雑貨店や料理店、園丁、労働者等である。メキシコ全体では、3500人の日本人がいる。

船中でいくつか和歌を作ったが、その一つを紹介しよう。

「つかの間に 富士の山見る身なれども 心にかかるメキシコの空」

力士団一行 梅ケ谷(横綱)


大阪朝日新聞

アメリカに着いたのは9月21日で、サンフランシスコで3日間興行しました。そこからトレスノに行って、その後ロサンゼルスで3日間、サクラメントで3日間、シアトルで3日間、再びサンフランシスコで4日間巡業。
各地で大評判となり、いろいろな土地を見ることが出来て非常に愉快でした。
帰りはハワイで4日間巡業。

床山が2人、力士が1人、脱走しましたから、領事に頼んで帰りました。

関連記事: 8月7日出発

明大野球団

ハワイに遠征に行った明大の野球団も帰国しています。1名がハワイで病死し、帰国にもあまり笑顔は見られませんでした。

日置黙仙氏(曹洞宗の僧侶)

サンフランシスコ博覧会を訪問し、それからワシントンに行って宗教家の立場から大統領に面会した。欧州大乱を一日も早く救いたいため、アメリカ大統領の尽瘁を依頼。大統領は快く承諾された。
排日思想などは感じられず、カリフォルニアでも知事代理が議院を丁寧に案内してくれた。

維新志士がミイラに


大阪朝日新聞

京都相国寺にある、蛤御門や鳥羽伏見の戦いに参加した志士の墓地を改装することになり、墓碑の取り除け工事を行いました。

ほとんどの遺骨は散乱していましたが、瓶に収められた遺骸があり、中を見ると一人の青年がミイラになっていました。
この青年には、源春胤という碑文があり、年齢19歳。藩主がその死を悼み、40年以上も土の中に眠っていたようです。


シカゴ大学野球団 大阪でも試合


大阪朝日新聞

9月に来日したシカゴ大学の野球団が、大阪でも試合を行いました。

試合は3対0で、シカゴ大学の勝利。
シカゴは8戦8勝、早稲田は8戦8敗です。早稲田には残念な結果となっています。

関連記事: 9月24日


<海外>


世界大戦の戦局

・イギリス、フランスに続き、イタリアとロシアが、ブルガリアに対して宣戦を布告しました。

・イギリスのダーダネルス海峡戦の司令長官イアン・ハミルトン将軍が、戦局の不振により更迭されています。後任は、チャールズ・モンロー将軍です。

関連記事: 8月6日 ガリポリの戦い

<このとき>

出来事


バーラム(ウィキペディアより)

  • イギリスの最新鋭型戦艦バーラム(クィーンエリザベス級)が竣工しました。ドイツに対し、イギリスが更なる海上優位に立ちます。
  • 日本政府が、ロンドン宣言(単独不講和)に加入しています。中には、世界大戦後の秘密協定も含まれています。一般への告示は、後日になります。

訃報: 渡辺 重石丸 (わたなべ いかりまろ / 国学者)

天保8年(1837)生まれ、享年78歳。

中津藩(大分県)の神官の家に生まれ、中津藩で子弟に国学を教えました。
平田篤胤の思想を取り入れ、独自の神道学を確立。この考え方は、熊本の神風連の乱、また西南戦争にも影響を与えたということです。

明治維新後は新政府に出仕しましたが、自身の門弟が次々に西南戦争に参加したことから、それ以降(40歳)は東京で私塾を開き、著述と教育に専念されました。
福沢諭吉と遠縁にあたり、乃木将軍にも影響を与えています。

誕生日

ジョン・デューイ (56) コロンビア大学哲学教授(プラグマティズム)


索引語:ラテンアメリカ諸国 中国 バルカン諸国 イギリス イタリア 第一次世界大戦 台湾 陸軍 スポーツ 宗教 訃報

Posted by 主筆 at 2015/10/19/23:58

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ