百年前新聞

2018-04-25

百年前新聞とは?

神田医師会の紛擾、大饗宴二日目の感想ほか

大正4年11月19日

御大典奉祝の市民


大正4年(1915年)11月18日の出来事

【御大典】大饗宴二日目の感想
【社会】チリ公使の遺骸 東京に到着
【社会】神田医師会の紛擾
【産業】藤山雷太氏の帰国
【経済】枕木の不況
【広告】ミルド化粧液、丸善インク
【訃報】中村蘭台(篆刻家)

国内

大饗宴二日目の感想

宮内省御用掛 秋月左都夫氏談

大饗宴場の壮観は目もくらむばかりで、その上、万歳楽、太平楽という優雅な舞楽を拝見し、美観荘厳、実に形容の語に窮する。

今回の御大典は、最初に森厳なる御儀に始まり、最後に華麗な宴で終わったことは、まことに結構な順序だった。

宮中顧問官 平山成信氏談

参列の光栄をかたじけなくし、自分の席が陛下の玉座よりあまり遠からざるところで、広古の盛観を拝見することができたのは、非常な名誉である。
第一日の舞楽も美麗だったが、昨夜は無数の電灯が燦然と輝き、ますます光彩をはなった。

チリ公使の遺骸が東京駅に到着

前日、不慮の死をとげたチリ公使エルボソ氏の遺骸が、東京駅に到着しました。
公使の娘アメリヤ嬢をはじめ、チリ公使館員、日本の実業家や将校が出迎えています。
葬儀は東京で行われる予定です。

神田医師会の紛擾

現在、東京の各区で医師会が設立、計画されています。
神田区の医師会は、先月29日に設立許可を得て、この21日に設立総会を行うことになっています。

総会で審議する細則の草案が、区内の医師に配布されましたが、この中に「広告は、診療所の開始、移転、新築、改築、診察時間の変更、その他の事故に際し、2日間を限って行なうことができる」という条文があります。

反対派の医師は、「人権蹂躙である」と、この条文に対して猛反対の声を上げています。

羽太鋭治ドクトルの談

医師法において学位、称号、専門科名を広告することは許されているにも関わらず、医師会の規約によって、これを制限することはもってのほかである。

このような規定を設けたら、自己の存在を告白する広告さえできなくなり、患者にしても医師の存在を知るに困難を感じることになる。

山師的な医師を取り締まるために、相当あるいは非凡な手腕、技量を有する者まで犠牲になることには、不賛成である。

自分は徒党を組んで反対運動をせず、一人で堂々と反対してみせる。

起草者の藁科医学士は、医師の広告は外国に見られぬことだと話しているから、私は今日直ちに詰問状を出しておいた。私は医師の本場、ドイツのハンブルクの病院にいたことがあるが、堂々たる大家で広告をしているものが何人もあった。

万世橋医院の西片ドクトルの談

私は主唱者の金杉博士が、個人としてこのような意見を持っているのか、疑わしく思っている。
神田ばかりこのような規定を設けると、区内の専門医は滅亡してしまう可能性がある。

いずれにせよ、21日の総会で自分の意見を述べるつもりである。

藤山雷太氏の帰国


大日本製糖の社長、藤山雷太氏が中国から帰国しました。

今回の訪問は、日中の実業家の親善をはかるためで、中国各地の商務総会を訪問。
袁世凱総統にも謁見し、歓待されたと話しています。
北京では宮殿の修繕が行われ、すでに帝政に向けた準備が行われているということです。

日中合弁による工業、特に紡績工場の設置の必要性を感じたと話されています。

枕木の不況

世界大戦による輸出の途絶で、枕木の在庫がだぶついています。

鉄道院では毎年130万挺の枕木を購入していますが、国内の枕木在庫は約200万挺で、市価の低落が報道されています。

本日の広告


ミルド化粧液と丸善インク

このとき

出来事

ドイツの科学者アインシュタイン氏が、プロイセンアカデミーで、水星の近日点移動について発表しました。
この水星の移動に関しては、ニュートン力学では説明できないもので、アインシュタイン氏の新説の完成が近づいています。

 参考HP:今月の言葉抄

訃報: 中村 蘭台 (篆刻家)

安政3年(1856年)会津藩士の家に生まれる。享年59歳。

20歳を越えてから、篆刻に興味を持ち、印材に木材を用いるなど、独自の刻風を生み出しました。
横山大観、河井玉堂等の印を篆刻しています。

 画像出典: 天来書院


中村蘭台の印


索引語:ラテンアメリカ諸国 訃報 産業 学問 美術 健康・医療

Posted by 主筆 at 2015/11/18/21:14

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ