百年前新聞

2018-05-24

百年前新聞とは?

上海で革命党の蜂起ほか

大正4年12月5日

大正4年12月5日


大正4年(1915年)12月5日の出来事

【中国】上海で革命党の蜂起
【政治】鉄道院の広軌・狭軌論争
【社会】大正4年の賃金統計
【皇室関係】新宮の主治医決まる、天覧能の開催
【海軍】横浜市で将校の招待会
【陸軍】各地で除隊

海外


陳其美

5日午後、上海で陳其美率いる革命党が蜂起、官軍との戦いが続いています。

20名の集団が、江南機器局(*兵器製造工場)前に投錨している巡洋艦肇和に近づきました。

あらかじめ示し合わせていたようで、肇和は集団を招き入れ、機器局に向かって砲弾を発射。
また、他に停泊していた巡洋艦二艦に対しても砲火し、重砲戦が勃発しました。

機器局では暴動に対する準備が出来ており、たちまち応戦しましたが、機器局内で革命党に寝返った連隊があり、激しい戦いが続いています。

機器局内の火薬庫をめぐり、戦いは深夜まで続き、勝敗の行方はまだ分かっていません。

国内

鉄道院の広軌・狭軌論争

鉄道院で、幅軌調査委員会が開かれ、広軌(1435mm)と狭軌(1067mm)のどちらが良いか、議論が分かれています。

輸送量やスピードを考えると広軌の方が良いのですが、これまでの路線は狭軌で作られており、広軌を採用すると莫大な費用がかかります。

添田寿一鉄道院総裁は広軌を主張していますが、従来の狭軌で鉄道を普及させることを優先しようという意見も根強く、調整は難航しています。

皇室関係

新宮殿下の主治医決まる

新宮殿下の主治医は、小児科医で貴族院議員でもある、加藤照麿氏に決定しました。

宮中で天覧能開催予定


観世元滋氏

宮中で、7日、8日と、天覧能が開催される予定です。

舞台を務める観世元滋氏は、

「陛下がまだ東宮の時代に、2回ご覧いただいたことがあるが、陛下とならせ給いてからは今回が初めてで、無上の光栄である。御大典後初の天覧能であり、衣装は全部新調した。」

と語っています。

横浜市が乗り込み将校の招待会


島村速雄軍令部長

ウインターハルター大将

横浜市が、昨日の大観艦式に参加した将校を招待し、昼食会を開催しました。

海軍からは、島村軍令部長を筆頭に、総指揮官片岡大将、吉松、名和、財部の艦隊司令長官など500名を招待。
アメリカ太平洋艦隊のウインターハルター司令長官も招待しています。

陸軍の除隊

3年間の兵役を終えた兵士たちが、全国各地で除隊になっています。

当日の朝食には赤飯がふるまわれ、主計から帰省の旅費が手渡されます。

3年間暮らしをともにすることで、兵士たちだけでなく、中隊長や曹長とも、堅い握手の手が離せないもの、涙ぐんで別れを惜しむものも、たくさん居たようです。

大蔵省の東京市内賃金調査結果が発表(日額平均)

醤油製造職人19銭6厘
酒造職人50銭
和服仕立て80銭2厘
洋服仕立て1円1銭8厘
煉瓦積1円10銭7厘
大工1円15銭8厘
佐官1円25銭
塗り師1円5銭
活版職77銭8厘
平人足65銭5厘
鳶人足90銭5厘
土方75銭5厘
下男17銭

このとき

誕生日

アルマンド・ディアズ (54) イタリア陸軍少将、イタリア戦線従軍中


索引語:鉄道 統計情報 皇室 文化 海軍 陸軍 中国

Posted by 主筆 at 2015/12/04/23:45

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ