百年前新聞

2018-04-22

百年前新聞とは?

石井・コザコフ会談 日露同盟交渉 ほか

大正5年1月18日

国内

石井外相とコザコフ極東課長の会談


石井菊次郎

ロシア大公随員の極東課長コザコフ氏が外務省を訪問、石井菊次郎外相と30分懇談を行ないました。
午後は、マレウィッチ大使が幣原喜重郎外務次官を訪問しています。

新聞評

日本とロシアとの関係は、最近親善の度合いを加え、欧州戦乱が勃発して以来、ほぼ准同盟国となっている。

ロシアでは日露同盟論が勢いを増しており、コザコフ氏はロシア外務省の要職にあるため、り、日露同盟が話題になっているのでは。

ロシア大公の様子


ミハイロヴィチ大公

本日のゲオルギー・ミハイロヴィチ大公は、近衛師団を訪問され、選抜将校による軍刀術、下士の銃剣術、教練、分列式をご覧になりました。

その後、陸軍中央幼年学校で生徒の柔術などをご覧になり、砲兵工廠に向かわれました。

小石川の陸軍工廠では、岡陸軍大臣、大島陸軍次官などが出迎えをし、ロシア向けの兵器の生産の様子をご覧になっています。

貴族院の様子


目賀田種太郎

昨日に引き続き、追加予算に関する審議が行なわれましたが、主に臨時軍事費に対する質問が多く、岡陸軍大臣はロシア大公接待で不在のため、審議は翌日に持ち越されることになりました。

なお、目賀田種太郎男爵は、懐中にウィスキーを忍ばせて、政府攻撃の演説を行なっています。

首相襲撃事件の犯人が逮捕

先日、大隈重信首相を狙った犯人が捕まったという第一報が入っています。

本日捕まったのは、下村馬太郎(26)、和田政吉(28)、鬼倉重次郎(36)、福田和五郎(50)の4名で、福田和五郎は二六新報の編集長だったこともあり、政友会の院外団でもあります。

大隈首相を狙った理由は、内閣の更迭をはかろうとしたものということですが、現時点では詳細は不明です。

爆発物取締規則違反として逮捕され、午後6時東京監獄に送られました。

関連記事: 1月13日 大隈重信襲撃事件

白川友一が議員辞職願い

前年の衆議院選挙で選挙違反を行ない、大浦事件の発端となった白川友一氏が、衆議院に議員辞職願いを届け出ました。

大審院での判決が下り、禁固6年の刑が確定したことによります。

関連記事: 10月2日 白川友一の予審調書

海外

出来事

・中国の雲南省と四川省の境界で、雲南独立軍 対 討伐軍の戦いが始まった模様

・ドイツ議会で、カール・リープクネヒト(共産主義者)が「戦争の実態を報道せよ」と抗議をしています。

このとき

出来事

・日本政府が、中国の動乱に備えて第三艦隊を上海に派遣

・ドイツ大洋艦隊の司令長官が、ラインハルト・シェア中将に交代。前任者が病気のため。

訃報: 成清 博愛 (なるきよ ひろえ、実業家、政治家)


成清博愛

元治元年(1864)筑後(現福岡県みやま市)生まれ、享年52歳。

慶応義塾に学びますが、病気で帰郷し、帰郷後は自由民権運動の波にのって、九州改進党の結成につとめました。

父親の跡を継いで村長になりますが、わずか一年で村長を辞めて、実業の道に進みます。

1895年(31歳)に、日清戦争後の好景気を当て込み、筑豊の炭坑を買い取り炭坑経営を始めますが、一時は非常に儲かったものの、景気が下落し結果的に失敗に終わりました。

1904年(40歳)からは金山の採掘に取り組み、親戚にも愛想をつかされ、借金取りにも追われる中、ついに1911年に大鉱脈に当たります。(馬上金山:大分県)

日本一の金山王となり、念願の衆議院議員にもなりますが、病のため53歳で亡くなりました。

参考サイト: 堀池園の金山王・成清博愛

誕生日

鈴木 貫太郎 (48) 海軍次官
石原 莞爾 (27) 陸軍大学校在籍中

編集後記

コザコフ・石井会談は、日露同盟に関する交渉です。

ロシアは第一次世界大戦でドイツ・トルコと戦っていて、後顧の憂いを断つという意味でも、日本と同盟したかったのです。

日本でも、元老の山県有朋は日露同盟に積極的で(いろいろ読んでいたら、山県から仕掛けたのかも)、政府側も一定の必要性を感じていたようです。

ただ、ロシアとしては中国も第一次世界大戦で協商国側に引き込みたいと思っていて、日本政府は中国の発言権が増すのはどうも、ということがあったということです。

ご参考: 比較社会文化叢書VIII/日露同盟の時代


貴族院では、目賀田種太郎男爵はウィスキーを議場で飲んでいたという、これもおおらかな時代ですね。


大隈首相の襲撃犯人が捕まりましたが、まだ報道規制が解けていないので、本日の情報はこれだけです。


成清博愛氏も、波瀾万丈な人生を歩んでますね。
文字通りの「一攫千金」で、最後に金が出たから良かったものの・・・です。

この頃にはこういった山師が日本にたくさん居たんじゃないかと思います。今、NHKの朝ドラ「あさが来た」で、炭坑のことが出ていますが、失敗した人も多数いたでしょうね。


では、本日は以上です。


索引語:ロシア 議会 事件 陸軍 バルカン諸国 ドイツ 中国

Posted by 主筆 at 2016/01/18/00:46

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ