百年前新聞

2018-01-24

百年前新聞とは?

イギリスで徴兵法案可決、横須賀海軍工廠大開渠式ほか

大正5年1月26日

大正5年(1916年)1月26日の出来事

【議会】貴族院 兵器売却問題で揉める
【社会】鈴ヶ森お春事件の警視庁拷問に関して花井卓蔵のコメント
【海軍】横須賀海軍工廠の大ドック開渠式
【イギリス】徴兵法案が上院可決、労働党の態度

国内

貴族院 予算分科会

本日は、貴族院の予算分科会が開かれています。

第四分科会 陸海軍関連


岡 市之助

水野錬太郎議員から、「陸軍省は、なぜ所管の兵器を直接外国に売却せず、砲兵工廠から売却したのか」

倉富勇三郎議員から、「砲兵工廠から売り渡したものの代金は、陸軍工廠の特別会計に入るのか」

と、ロシアへの軍器売却の際の手続きに関して質問がありましたが、岡市之助陸軍大臣は「断じて作業会計法違反に非ず」と強硬な答弁を行なっています。

貴族院と政府の関係はやや緩和していましたが、この答弁によりまた貴族院の姿勢が強硬になっています。

第三分科会 内務省関連

三宅 秀(ひいず)議員より、「自動車、自転車で道路が危険になっているため、車両数を制限する考えはないか」という質問がありました。

一木喜徳郎内相は、「車両数を制限するよりも、道路の拡張を行なう」と回答しています。

その他、東京で枯れ木が多いのは、ばい煙のせいであり、ばい煙の取り締まりを求める質問もありました。

第六分科会 植民関連

朝鮮人の女性と日本人の男性が結婚した場合、戸籍法で入籍の方法が無いことに関して、質問がありました。現状では致し方ない、と政府が回答しています。

本日のロシア大公


大阪朝日新聞

本日のゲオルギー・ミハイロヴィチ大公は、清水寺、知恩院など、京都を観光されました。

豪商村井吉兵衛氏より、京人形が献上されています。

大公は宿泊所の長楽館を後にされ、午後10時京都発の列車で西へ向かわれました。

横須賀海軍工廠 大ドック開渠式

明治44年(1911年)に工事を開始した、横須賀海軍工廠の第5号ドックが完成し、開渠式が行なわれました。

開式に先立ち、工事中に亡くなった36名の鎮魂祭が行なわれています。

横須賀鎮守府の藤井較一司令長官の合図により、ドックの6カ所の穴から水が滝のように流れ出て、それでも水が満杯になるまでに約2時間もかかりました。

出席者は約200名、3万トン以上の軍艦も製造できる、東洋第一のドックです。

鈴ヶ森お春事件の拷問に対して

昨日の報道の通り、鈴ヶ森お春殺し事件の被疑者として拘引された小守壮輔氏は、警視庁で毎晩の拷問があり、自白が強要されたと告白しています。

衆議院議員の高木益太郎(国民党)氏は、これを議会の問題として取り上げる意図を明らかにしました。

花井卓蔵(弁護士、衆議院議員)の談


花井卓蔵

そもそも自白を歓迎することが禍の源である。

古い時代にはいかなる場合にも自白がなければ罪を断ずることが出来ない制度であったので、いろいろな方法で拷問が行われていたのだが、刑法が制定されて以来、世の進歩、法の進歩とともに、自白を強要する必要がなくなった。

が、慣習上とかく自白を要求するので、このような問題が起こっている。

強制、威嚇、誘導による自白は自白にあらず、という証拠法の原則的制限もある。刑事訴訟法では、自白があっても、なお取り調べを要す、と規定している。

今回の問題を機会として、根本的に自白歓迎主義を棄て、他に証拠を求めるようにしたいものである。

また、名において聴取というも、実際において尋問を行なっている、という弊害を改めないといけない。拷問があったのかは分からないが、もしそのようなことがあれば、刑法上の問題としなければならない。

また無罪免訴となったとしても、損害を訴えて賠償を求めるのも、実際容易ではない。また、再審または上告で無罪免訴と言い渡しを受けた場合、国家賠償の責任を問うという法律は、まだわが国には存在していないのである。

単に法律家のみならず、刑法に志のある政治家は、立法的手段により改善の法をたてて、大いに研究するべき問題だろう。

大阪相撲の大錦を横綱に推薦


大錦 大五郎

大阪相撲の大錦が、大阪相撲の理事により横綱に推薦されました。

大錦は数年間にわたり大関をつとめ、前場所、今場所は全勝し、大阪力士の中では抜きんでた力があります。

東京の西の海が横綱に推薦されたため、西の海の成績から考えると大錦も横綱に推薦すべきと、熊本の吉田司家(相撲家元)に横綱免許の申請が行なわれました。

枢密顧問官に穂積陳重氏

北垣国道氏の死去により空席となった枢密顧問官に、穂積陳重氏(60歳、日本最初の法学博士)が就任しました。

海外

イギリスで徴兵法案が可決

先日、下院を通過した強制徴兵法案が、上院も通過しました。2月には徴兵制の準備が整う予定です。

また、この日徴兵制に反対する労働党の党大会が開かれ、強制徴兵法案には22万対179万の大多数によって反対の決議がされています。

ただし、「政府を援助して戦争を遂行する」決議は、150万対62万の多数で可決。「労働が連立内閣に止まるべき」決議は、162万対49万で可決されており、労働党も戦争の遂行自体には賛成です。

このとき

出来事

・秋田県で、同和鉱業花岡線(大館 - 花岡間4.8km)が開通

・小倉市議会で市立商業高等学校創立案が決議(現在の県立小倉商業高校)

・イギリスで、ルーファス・アイザックスが、アメリカから借款を引き出した功績により、子爵となる。(ユダヤ人出身で、異例の出世)

誕生日

ダグラス・マッカーサー (36) アメリカ陸軍省勤務
甘粕 正彦 (25) 陸軍軍人

編集後記

この日答弁を行なっている岡市之助陸軍大臣は、長州閥なのですが、山県有朋の意向から離れて、大隈重信寄りの行動をしていたため、この頃は山県有朋に干されかけている時期です。
山県からの庇護が無いため、貴族院で責め立てられている、という側面もあると思われます。

内務省関連で、自転車・自動車の台数を制限しては、という質問があったのも、ちょっと面白いので取り上げてみました。
ばい煙で枯れ木が多い、という質問も、東京に公害が発生していることが分かります。
(関連記事:9月29日 東京で杉の木が枯れる

ロシア大公に京人形を献上した村井吉兵衛氏は、専売前のタバコ販売で財をなした方です。岩谷松平とのタバコ販売競争はなかなか面白いドラマで、ご興味のある方はこんな本があります。(カネが邪魔でしょうがないー明治大正成金列伝ー

鈴ヶ森お春事件に関してコメントしている花井卓蔵氏は、大逆事件(幸徳秋水)や、足尾銅山の農民を弁護した、明治・大正期の大物弁護士です。
衆議院議員としても、前衆議院副議長であり、与党の一員、中正会の中核となっている方です。
(関連記事:12月19日 花井卓蔵氏が衆議院副議長を辞任

穂積陳重氏は、愛媛県の宇和島出身で、宇和島にはこの方の名前をとった「穂積橋」という橋があるようです。
弟の穂積八束氏も法学者で、兄弟そろって東京帝国大学の法科教授を務められています。

イギリスでは徴兵法案が可決し、いよいよ1916年の第一次世界大戦の大会戦、ソンムの戦いに臨む人的資源が整いました。

日々更新していると、歴史の歩みは遅々としながらも、着実に進んでいることが実感出来ますね。


索引語:議会 ロシア 事件 海軍 イギリス

Posted by 主筆 at 2016/01/25/22:25

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ