百年前新聞

2018-01-22

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)2月1日から7日

大正5年2月2日

1916年(大正5年)2月1日

大隈重信が山県有朋の助力を乞う


大隈重信

貴族院の形勢が厳しく(追加予算不承認の構え)、大隈重信首相は3日間の予算審査延長を懇請し、その間に山県有朋公爵に泣きつくことになりました。

1月31日、大隈首相の意を受けた某氏が、小田原の古希庵滞在中の山県公を訪れ、貴族院の形勢緩和を要望、また上京を求めました。

2月1日午後3時東京駅着で山県公は上京し、そのまま永田町の首相官邸に赴き、大隈首相と1時間の会談を行なっています。

会談の内容は不明ですが、内閣の進退に関する条件をつけて、山県公の助力を求めたようです。

貴族院の形勢は厳しく、山県公の斡旋が功を奏すかどうか微妙なところです。

その他の出来事

・沢柳政太郎が、帝国教育会会長に就任(関連記事:1月22日

・イギリスで、クイーン・エリザベス級戦艦マレーヤが就役。イギリス領マレー(Malaya)にちなんだ名前。

・デンマークで、カール・ニールセンの交響曲第4番が、自身の指揮によって初演。

1916年(大正5年)2月2日

ローマ法王の使節が来京

ローマ法王の大正天皇の即位を祝う使節、ヨセフ・ペトレリー大司教が午前8時40分に東京駅に到着しました。

国賓の待遇として、鉄道院総裁、東京府知事、市長、西久保警視総監、幣原喜重郎外務次官などが出迎えを行なっています。

また市内のキリスト教徒や、キリスト教系学校の生徒も出迎え、いったん帝国ホテルに向かわれました。

帝国ホテルではイタリア風の食事を用意し、中でもマカロニは大司教に激賞されています。

本日は大隈首相などの要人を訪問、東京市内の教会で祈祷を行ない、明日宮中に参内する予定です。

その他の出来事

・ロシアで、イワン・ゴレムイキン首相(76)が解任される。第一次世界大戦の激変に対応出来なかったため。後任にはボリス・スチュルメルが就任しています。(アレクサンドラ皇后とラスプーチンの推挙による)

・茨城県で岩間電気が営業開始、気力発電で10キロワット発電

訃報: 三浦 守治 (病理学者)


ウィキペディアより

安政4年(1857)、現福島県三春町に生まれる。享年58歳。

東京帝国大学医学部を主席で卒業し(同期に森鴎外など)、その後ドイツに留学。

帰国後に東京帝大の教授となり、病理学教室を創設されました。脚気やマラリア、ジストマなどの研究に従事されています。

佐々木信綱に師事し、和歌もたしなまれ、東京大学医学部に歌碑が残っています。

1916年(大正5年)2月3日

衆議院で内閣弾劾上奏案があっさりと否決


大場茂馬(ウィキペディアより)

無所属の議員大場茂馬氏(弁護士)が、野党政友会、国民党の賛同を得て提出した大隈内閣弾劾の上奏案が、与党多数のためあっさりと否決されました。

大場氏は内閣の弾劾案であるため、大隈首相の出席を求めましたが、大隈首相の出席を求める通告を出したのみで、首相不在のまま大場氏は弾劾演説を行なっています。

大場氏は前内務大臣 大浦兼武氏の議員買収を賄賂政治と断定し、また聖旨(天皇のお言葉)を借りて内閣総辞職をしなかった大隈内閣の非を演説しました。

与党の同志会からは武内作平氏が反対演説にたち、「これまで政権を担っていた政友会の諸君は賄賂政治という事実を認めるのか」などと述べています。

大隈首相不在のまま、あっけなく弾劾上奏案は否決されました。

ローマ法王の使節ペトレリー大司教がローマ法王の親書を奉呈

ローマ法王の使節ペトレリー大司教は午後12時5分に宮中に参内し、大正天皇の即位を祝うローマ法王の親書を奉呈しました。

大正天皇は葉山で御避寒のところ、10時5分東京駅着の列車で東京に戻られています。

その後、皇族や大隈首相とともに午餐会が催されています。

ペトレリー大司教の談

日本の皇帝は厳格で、とうてい近寄りがたいお方と予想していたところ、実際に拝顔すると厳格には違いないが、優しみがあり、親切な言葉を下さり、勲章まで賜ったことは、自分に取っては一生忘れられない光栄な思い出となった。

こういう立派な皇帝をいただく日本国民は、誠に幸福である。

大阪商船の大仁丸が沈没 165人行方不明

大阪商船の香港・基隆(キールン:台湾南部)の定期船 大仁丸は、3日午前0時30分頃バターフィールド汽船の臨安号と衝突し、間もなく沈没をしました。

夜間のことで熟睡していた乗客も多く、沈没も一瞬だったため、救助はわずか21名、165人が行方不明となる事故となっています。

大阪商船からの依頼により、海軍省は軍艦利根を現場に向かわせ、捜索活動に当たることになりました。

日本郵船高田丸もアメリカ石油船と衝突

日本郵船の貨物船高田丸が、2月1日カナダ沖でアメリカの石油船と衝突したというニューヨーク電報が入ってきました。

おそらく沈没したのではと思われますが、詳細はまだはっきりしていません。石油船が救助に努め、乗組員は救助されたと思われます。

高田丸は、ロンドンからニューヨークまでの貨物運送の途中でした。船長はイギリス人で、乗組員60名は日本人です。

その他の出来事

【中国】 貴州の独立軍が湖南に進出
【文化】 加藤朝鳥が「シャロック・ホルムス」を初訳し出版(*シャーロック・ホームズ)
【文化】 佐藤惣之助が詩集「正義の兜」出版 (*六甲おろしの作詞者)
【地方】 大阪市電で、難波新川駅 〜 大国町駅間が開業

1916年(大正5年)2月4日

大仁丸沈没続報

3日の深夜に沈没し、165名の行方不明者を出した大仁丸について、軍艦利根が派遣され捜索活動を行なっていますが、遺体は漂流物はまだ発見されていません。

21名の生存者もほとんど失神の状態にあり、沈没した原因についても不明です。

なお乗客のうち日本人は6名で、ほとんどは中国人です。

なお生存者の中に船長が含まれており、船長が衝突当時に適当な処置をしたかどうかに疑問の声もあります。

関係者によると、斉藤船長の平素の行動から考えると、自分一人が助かろうとする人物ではないということです。


巡洋艦 利根(ウィキペディアより)

高田丸沈没続報

2月1日、カナダ沖でアメリカの石油船と衝突した高田丸は、どうやら沈没した模様です。

救助された船員は全員アメリカ石油船に乗せられ、そのまま石油船の目的地であるロンドンに向かっているようです。

その他の出来事


3吋大迎角砲 ウィキペディアより

【海軍】 三吋(インチ)大仰角砲を制式化。仰角75度、射程距離10,800m。大正期の代表的高角砲で、戦艦に搭載。
【地方】 和歌山県で野上軽便鉄道が、日方 〜 野上間で開業
【インド】 バナーラス・ヒンドゥー大学が開校
【訃報】 アドルフ・ビアラン(ベルギーの作曲家)

1916年(大正5年)2月5日

雑誌の値上げ

第一次世界大戦により、製紙材料が高騰しているため、雑誌類が値上げすることになりました。
2月7日に、出版社と販売業者の間で会合が開かれる予定です。

最も影響があるのは少年少女向けの雑誌で、比較的上等な紙を用いているのに加え、彩色した絵を使っているので、2割程度の値上げでは間に合いません。

ですが少年少女に多額の負担をさせるのも気の毒なので、現在方法を検討中です。

販売業者では、「雑誌類が贅沢品として考えられた時代とは違い、最近は必要品と認められてきているので、値上げにより一旦販売数が落ちるが、そのうち回復するだろう」と予想しています。

関連記事: 1915年9月26日 製紙業界の好況

横綱 西の海の免状授与式


西の海

第二十二代横綱 西の海嘉治郎の横綱免状授与式が、目白台の細川侯爵邸で行なわれました。

西の海の談

おかげさまで、どうやら横綱が出来ました。

私は全く幸運です。駒関(*大関駒ヶ嶽 :一昨年どぶろくがあたって死亡)なんかは、あれだけ強かったのに、運がなかったのでしょう。

横浜の巡業から土俵入りをしたいのですが、化粧まわしが間に合わないのです。

土俵入りの型は師匠のをとるつもりです。急に重荷を背負わされたような気がします。

その他の出来事

【文化】 ドイツの文学者フーゴ・バルが、スイスのチューリヒに「キャバレー・ヴォルテール」を開店。芸術運動ダダイズムの拠点となる。
【第一次世界大戦】ロシアがオスマン帝国のトレビゾンドを艦隊で砲撃
【訃報】 舟木真(68) 茨城県の篤農家、鉾田市舟木に名前を残す

1916年(大正5年)2月6日

出来事

【第一次世界大戦】ドイツが、ルシタニア号沈没によるアメリカ人の死亡に対し、損害賠償を認める

【インド】2月4日開校のバナーラス・ヒンドゥー大学定礎式。アニー・ベサント(イギリスのインド自治支援者)、マハトマ・ガンディー、ジャガディッシュ・チャンドラ・ボース(科学者)らが出席。

【文化】フランスの美術家マルセル・デュシャンが、滞在中のニューヨークで「1916年2月6日のランデブー」を制作。文章の一部を抜いて、意味をなさなくした作品。

【訃報】ダリオ・ルベン(ニカラグアの詩人)享年49歳。19世紀のラテンアメリカで最も偉大な詩人といわれ、ニカラグアの紙幣にも、ダリオ記念像が使用されています。外交官としても活躍されました。


ニカラグア 100コルドバ紙幣

1916年(大正5年)2月7日

衆議院で簡易保険法案が提出される

労働階級、庶民のための簡易保険法案が、衆議院に提出されました。簡易保険は逓信省(郵便局)の事業で、民間会社は参入できません。

ロシア大蔵証券を日本で売り出し

ロシアの大蔵証券 5千万円発行に対し、ロシア大使と引受銀行の代表である横浜正金銀行との間で、契約が調印されました。

全国18の銀行で、8日より売り出しを開始します。

発行総額: 5000万円
証券種類: 5000円券、10000円券
発行価格: 額面100円に対し、95円

日本が中国以外の外国に貸し付けを行なうのは、初めてのことになります。

大仁丸の捜索は絶望的

3日深夜に台湾沖で沈没した大仁丸に対して、軍艦利根、民間会社の船による捜索活動が続いていますが、現在のところ何の手がかりも発見されていません。
漂流物も一つも発見されず、遺体の救助も絶望的です。

その他の出来事

【産業】 軽便鉄道協会が、私設鉄道協会に改称(現在の日本民営鉄道協会の前身)

今週に誕生日を迎えた人々

アルフレッド・アドラー(46) ウィーン精神分析協会議長
フリードリヒ・エーベルト(45) ドイツ社会民主党党首
志賀 潔(45) 北里研究所所属
徳田 秋声(44) 作家
ジェイムズ・ジョイス(34) 作家(在チューリッヒ)
鳩山 秀夫(32) 東京帝国大学助教授
高橋 達之助(31) 水産技師
嶋中 雄作(29) 婦人公論編集長
ジョン・フォード(22) ハリウッド俳優
愛新覚羅溥儀(10) 前清皇帝

編集後記

今回から、1週間に一度の更新です。

あまり細かいことまで取り上げることが出来ませんが、これでも充分細かいかもしれませんね。

2月3日に詩集を刊行した佐藤惣之助さんは、阪神タイガースの「六甲おろし」の作詞者となる方です。

国内では特に大きなことは起こっていませんが、海外ではインド独立運動の一コマである、ヒンドゥー大学の開校、芸術運動として大流行するダダイズムが始まっています。

簡易保険法案が衆議院に提出されていますが、郵便局の「かんぽ」も制度開始からそろそろ100年になるということですね〜

では、ちょっとモノ足らない感もありますが、無理のないペースでやっていくので、今週は以上です。


索引語:政治 議会 大隈重信 第一次世界大戦 山県有朋 宗教 ロシア 訃報 皇室 事故 美術 インド

Posted by 主筆 at 2016/02/08/11:48

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ