百年前新聞

2018-01-22

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)3月28日~4月3日

大正5年3月29日

1916年(大正5年)3月28日

出来事

【社会】
大阪俘虜収容所(青島戦のドイツ人捕虜を収容)で火事。収容者510名は無事だが、15棟が焼失。

【地方】
大分県の豊後電気軌道が解散。(九州水力電気に合併される)

【香港】
尖沙咀鐘楼(チムサアチョイしょうろう)が完成。


建設途中の尖沙咀鐘楼

1916年(大正5年)3月29日

出来事


1915年 T.ツァラ(左端)

【教育】
文部省令「教員検定に関する規程」が一部改正され、体操を体操、撃剣、柔術の3つに分けることになる。
参考サイト:大正期における体操教員資格制度の研究

【社会】
東京朝日新聞で、コラム「青鉛筆」連載開始

【地方】
京都の京阪電気鉄道東福寺駅が改築、待合室が出来る

【宗教】
法華宗の本門宗で、管長が輪番制から公選制に変更となる

【国際】
中国、ロシア間で、哈愛鉄道借款500万ポンド成立。

【文化】
スイス チューリヒのキャバレーヴォルテールで、トリスタン・ツァラが同時進行詩のイベントを開催。ダダイズムの本格的開始となる。
参考サイト:ヨーロッパ文化講義録

1916年(大正5年)3月30日

兵庫県 尼崎町が最後の町会

兵庫県川辺郡尼崎町は、4月1日から市に昇格するため、最後の町会が開かれました。

31日の解散式への予算支出、町吏への慰労金等が附議され、原案通り可決されています。

なお市制の開始により、現状の町会議員は資格が消滅するため、早くも市会議員選挙の準備を始めている議員もいます。

また、市長も決まっておらず、現状では川辺郡長の森重毅氏の声が高まっていますが、同氏が就任を望んでいるかは、疑問があります。

その他の出来事

【国際】
日本政府がイギリスの要請(2月9日)に応じて、軍艦 8隻をシンガポール方面に派遣。

【政治】
岡市之助陸軍大臣が、健康上の理由により辞任。後任は、陸軍次官の大島健一。

【産業】
農商務省が米麦品種改良奨励規則を公布。
道府県の農事試験場の改良事業に、政府補助金を交付。

訃報: 中牟田 倉之助 (海軍軍人)


Wikipediaより

天保 8年(1837)佐賀藩生まれ、享年79歳。

1868年に、海軍伝習所に2期生として入所。(榎本武揚と同期)

戊辰戦争では北越戦争に参加、函館総攻撃の際には戦艦が被弾し、重傷を負っています。

草創期の海軍において、海軍兵学校の寮長を務め、日本海軍の建設に関わられました。

日清戦争直前には海軍軍令部長の要職にありましたが、非戦論であったため、開戦 8日前に山本権兵衛によって軍令部長を解任されています。

その後は、枢密顧問官として政治に関わられました。

1916年(大正5年)3月31日

伝染病研究所が東京帝大付属に

かねてからの予定通り、4月1日から伝染病研究所が東京帝国大学に付属する官報が公布されました。
所長は、技師または東京帝国大学医科大学教授から任命されます。

出来事

【社会】
地洋丸が座礁

東洋汽船の地洋丸が、マニラから香港に向かう途中で座礁。地洋丸は、東洋汽船が誇る、日本で初めて欧米と肩を並べた天洋丸級の客船です。

【社会】
朝鮮で公娼制度の統一的実施

警務総監部令第4号「貸座敷娼妓取締規則」が公布され、日本内地と同様の接客業取締法案が適用されています。
(ただし、娼妓の年齢下限が、日本人よりも1歳低い17歳)

参考サイト:植民地朝鮮における公娼制度の確立過程

【地方】
大阪府箕面市の箕面動物園が閉園

箕面有馬電気軌道(現在の阪急)が設立した箕面動物園が、閉園となっています。
(現在の、みのおスパガーデンの辺り)
動物たちは、しばらく箕面駅前ラケット形線路内運動場に動物を移し、無料公開されます。

参考サイト:箕面の時空探検

【社会】
東京の警視庁が、馬車にかえて自動車を被疑者・囚人の護送に使用することを決定。

日付ははっきりしないものの、1916年(大正5年)3月の出来事

・北海道新冠村のアイヌ人80戸が、平取村へ強制移住させられる
・東京浅草仲見世の建物賃貸料、一坪東側5円、西側5円50銭。ただ多くは又貸しで、3坪で40円以上
・東京で通行人に物を押し売りする児童行商が社会問題化
・東京浅草の帝国館が映画プログラムを発売
・参謀本部土井市之進大佐と小磯国昭少佐を満州に派遣、満州蒙古独立運動画策
・大倉喜八郎が粛親王へ清朝再興運動資金100万円を融資
・日本綿花がテキサス日本綿花設立
・池貝鉄工所がロシアから30馬力ガソリンエンジン585台を受注
・上杉慎吉が中央公論に「わが憲政上の根本義」を執筆。吉野作造との論争始まる。(上杉慎吉は、天皇主権説を主張しています)
・イギリスが南ペルシャでライフル兵団を編成

1916年(大正5年)4月1日

五島列島の定期船が座礁、沈没

五島列島と長崎の間を結ぶ定期船 若津丸が、午前11時頃座礁、沈没しました。

現在のところは生存者3名で、乗客98名、船員16名は行方不明となっています。

長崎県庁では知らせを受け、佐世保鎮守府に軍艦派遣の要請をし、午後6時に2隻の軍艦が現場に急派されることになっています。

その他の出来事

【政治】
・外国債の整理償還のため、内国債を発行することに関する法律を公布・施行。
・鉱業令施行。

【海軍】
横須賀に海軍航空隊が新設される

【文化】。
・第2回草土社展が開催。岸田劉生「切通しの写生」など。
・エイプリルフールの習慣が、日本にも根づき始める。

【朝鮮】
朝鮮総督府、専門学校管制を公布、専門学校設置(京城専修学校・京城医学専門学校・京城工業専門学校)

【教育・科学技術】
・東京帝国大学(東京大学)に伝染病研究所を付置。
・東北帝国大学(東北大学)内の臨時理化学研究所に第2部(主任 本多光太郎)設置。住友家の寄付により鉄鋼に関する研究を開始する。

【訃報】
James Burrill Angell (アメリカの教育者)

1871年~1909年の長きにわたってミシガン大学の総長を務め、ミシガン大学をエリート校に育て上げられました。

1916年(大正5年)4月2日

原敬が新聞協会で懐旧談(多少、現代語訳)


余が新聞に関係したのは、ここにおられる箕浦氏(*勝人:逓信大臣)やその他の人々と、郵便報知新聞に従事したのが初めで、既に35、6年前のことになる。

当時の新聞業は極めて幼稚だった。否、幼稚というほどの価値もないくらいのもので、新聞であるかどうかさえ分からない程度のものだった。

当時の二大新聞は、東京日日と郵便報知新聞だったが、この二大新聞の状態といえば、輪転機などは夢にも知らない。西洋から帰った人から、かの地に輪転機という便利なものがあるという話を聞くぐらいだった。

当時の二大新聞の編集局には、編集員14~15名、外勤4~5名で、それで日本の大新聞と称していた。

地方の新聞はあるかないか、極めて微々たるもので、多くは東京の新聞を切り抜いたものだった。ハサミがあれば新聞が出来たものである。

当時の論説記者は、何か書くときには西洋の書籍を見て、その趣意を自分の説のように書き綴ったもので、こんな論説が歓迎された。

洋書を見るのはまだ良い方で、はなはだしい先生になると、西洋人の名前を勝手に作ったものだ。そうして、その人が書いたものを地方で切り抜いていたのである。こういうものが新聞紙として輿論の代表とされていたのだから、驚かざるを得ない。

東京の二大新聞すらしかり、いわんや大のつかない新聞になると読者の好奇心に応じるため、虚構のことや間違ったことを平気で書いたものである。それでも地方の人は正直だから、法律でも出たように考えて、その記事を信用した。

当時と今とを比較すると、新聞の進歩は大したもので、まことに隔世の感がある。

出来事

【社会】
友愛会磐城連合会が結成(最初の地方連合会)
(労働組合活動が、地方に波及してきています)

【中国】
中国立法院、国民代表会議の決定する君主国体案を取り消す。

訃報:中川清兵衛(ビール醸造技術者)


サッポロビールさんのサイトから

弘化5年(1848)、越後国与板藩の御用商人の家に生まれる。

17歳の時に開港間もない横浜に出て、国禁を破ってイギリス→ドイツに渡航。ベルリンでは青木周蔵の支援もあり、ビール工場で醸造技術を学びました。

1875年に帰国すると、北海道開拓使のビール醸造所に主任技師に就任します。
(1886年に民間に払い下げされ、現在のサッポロビールの源流となります)

晩年は小樽で旅館を経営していましたが、利尻島の整備を支援したことにより借金がかさみ、旅館を手放すことにもなっています。

日本のビール産業のパイオニアの一人です。

(画像をクリックすると、サッポロビールさんのサイトに飛びます)

1916年(大正5年)4月3日

【社会】
奈良県の橿原神宮で「神武天皇二千五百年大祭」が開かれる。
大正天皇が神武天皇陵を訪れ、式年祭を行なう。

【文化】
田辺尚雄が『最近科学上より見たる音楽の原理』を刊行。

この週に誕生日を迎えた人々

アリスティード・ブリアンフランス首相54
マクシム・ゴーリキー作家、ボルシェヴィキを援助48
浜田 国松衆議院議員48
セルゲイ・ディアギレフロシア・バレエ団監督44
セルゲイ・ラフマニノフ作曲家43
アルチーデ・デ・ガスペリオーストリア帝国議会議員35
穂積 重遠東京帝国大学法科講師33
北 一輝思想家33
西尾 末広労働運動家25
野坂 参三労働運動家24
我妻 栄第一高等学校学生19

索引語:中国 健康・医療 原敬 地方 学問 宗教 政治 教育 文化 朝鮮 海軍 産業 社会 美術 訃報

Posted by 主筆 at 2016/04/04/14:41

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ