百年前新聞

2017-10-24

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)5月16日~22日

大正5年5月17日

サイクス・ピコ協定

1916年(大正5年)5月16日

サイクス・ピコ協定(秘密条約)


マーク・サイクス(Wikipediaより)

第一次世界大戦後のオスマン・トルコの分割をめぐり、英仏露三カ国の秘密協定がペトログラードで結ばれました。

この協定では、

・シリアをフランスの勢力範囲
・南メソポタミア(現在のイラクの大半)をイギリスの勢力範囲
・黒海沿岸、ボスポラス海峡、ダーダネルス海峡をロシアの勢力範囲

とすることが決められています。

イギリスはアラブ側に対して、オスマン帝国への反乱と引き換えに戦後の独立を約束していますが、一部地域ではアラブ側との約束に矛盾する内容となっています。
(関連記事: 1915年10月24日 フサイン=マクマホン協定

イギリス代表のサイクス(中東専門家)と、フランスの外交官ピコによって原案が準備されたため、サイクス・ピコ協定と呼ばれています。

現在も続く中東問題の一因となっている秘密協定です。

内務省も私娼撲滅方針

先日(5月8日)、警視庁が東京市内の私娼取締りを声明しましたが、内務省ではさらに一歩進んで全国の私娼取締り、公娼の営業方法に制限を加える模様です。

次回の全国各府県警察部長会議において、取締りに関する方針を発表する予定になっています。

湯浅倉平(42)警保局長の談

元来、私娼を絶対的に撲滅し、売淫制度を根絶させることに対しては、徹底的な方策を下すことは到底不可能で、まったく千古の懸案と言わなければならぬ。

けれども、これをこのまま放置しておくのは社会風教上、衛生上由々しき問題であるから、徹底的手段をとれないまでも、比較善の方策により取締りに努力しなければならない。

中川衛生局長の談

これまでも私娼の取締りをしてきたが、今日のように弊害が著しくなりつつある場合には
さらに圧力を加えなければならない。

理想としては公娼を廃止すべきだが、実際問題としては不可能である。デンマークでも公娼を廃止して私娼制度にしたことがあったが、花柳病が著しく増加したということである。衛生上の観点から、公娼廃止というおとは不可能で、私娼の跋扈というのは危険このうえない。

地方の温泉場などでは、ほとんど治外法権のように考え、最も手軽に私娼を招くことができるため、ついこの誘惑に陥りやすい。

張見世禁止は風教上の見地からで、公娼は隠れ遊びの場所としなければならない。

私娼の跋扈は、ひいては国家の生産力にも及ぼす大問題であるから、軽々に見ることは出来ない。

その他の出来事

【文化】
朝日新聞社が「野球年鑑」を創刊

【ドイツ】
ハンザ汽船の貨物船「バハトフェルス」をドイツ海軍が徴用。仮装巡洋艦「ヴォルフ」として改造されます。

【訃報】
桂文左衛門(享年72歳)
初代文枝の後を継ぎ、2代目の桂文枝として活躍。多くの弟子を育てられました。

1916年(大正5年)5月17日

特に出来事はありません。

1916年(大正5年)5月18日

出来事

【海軍】
艦船令が制定、施行。
軍艦、駆逐艦、水雷艇、潜水艦、敷設艦、工作船、運送船、雑役船に分ける。

【イギリス・アイルランド】
イースター蜂起の原因を調査する王立調査委員会が、公聴会を開始。ダブリン総督府、アイルランド警察などの責任が追及される。
(関連記事: 4月24日 イースター蜂起

【アメリカ・ドイツ】
アメリカ人志願パイロット7名がフランス軍に参加。
ワシントン駐在ドイツ大使が抗議。
(参考サイト:鷲の目映画評))

【ローマ・イギリス・ドイツ】
イギリス下院でグレイ外相が、ローマ法王がドイツの潜水艦作戦に中止を勧告したことを発表

【訃報】
三浦 安太郎(28)
大逆事件(幸徳事件)に関連した社会主義者の摘発により、実行計画とは無関係ながらも死刑判決、翌年特赦で無期懲役となる。
諫早監獄で自殺。

訃報: 陳 其美 (ちんきび:中国の革命家)


Wikipediaより

1878年生まれ、享年38歳。

1906年に日本に留学し、その年に東京で設立された中国同盟会(孫文により設立)に加入。1908年に帰国後は、中国国内で支部組織作りに尽力しました。

1909年に清朝に対する蜂起をしますが失敗。1910年には、上海で革命派新聞を立ち上げています。

1911年の辛亥革命では、武昌蜂起に続いて上海蜂起を成功させ、近隣の省と合同し南京の占領に成功。孫文を迎え入れ、辛亥革命の功労者です。

中華民国成立後は工商総長を務めましたが、袁世凱と対立し下野。

1913年に第二革命を計画しましたが失敗し、日本に亡命しています。

1914年に孫文により設立された中華革命党では、総務部長に就任。

1915年に帰国し、上海で武装蜂起を行ないましたが、失敗に終わっています。
(関連記事:1915年12月5日 上海武装蜂起

北京政府の放った刺客により、上海で暗殺されました。

1916年(大正5年)5月19日

出来事

【社会】
男子学校の東洋大学に、日本で初めて女子学生が通学していることを婦女新聞が報道。
参考サイト:東洋大学史エピソード集

【ウルグアイ】
サッカークラブ「CAペニャロール」に「ラスアカシアス」というグラウンドが完成。

1916年(大正5年)5月20日

犬養毅が時局を語る


犬養毅(国民党党首)が、時事新報で時局を語っています。

犬養氏談

各政党とも地方遊説に出かけて、大いに何かやっているようだが、気を付けてみると、双方ともなんら旗幟がない。地方人に演説していることは、みんな同じことを言っているに過ぎない。

すなわち、いずれも欧州戦乱を引き合いに出して、国民の覚悟を高唱しているが、では戦争が済めば世界の大局はどう変化していくか、戦後日本はどうすればよいか、何も題目が決まっていないようだ。

もっともまだ研究中なのかもしれないが、政治上の争いに使う旗幟は、もっとはっきりしたいものである。政界に投じてから三十年以上にもなるが、今度くらい各政党に旗幟とすべき題目がないことは初めてである。

しかしだんだんと時局も推移していくから、その中には本物の題目も浮いてくるだろう。自分もどうすれば良いということは、当分言わない。実は人前に出せるような、うまい思考がないのかもしれん。

差し向き考えておかねばならんことは、万一独墺側が勝った場合の国際関係を想定して、日本はどうすれば良いかということが第一。幸い連合側の勝利に帰した場合はどうかということが第二。第三は、双方引き分けに終わった場合の日本の立場。(中略)
いずれにしても、日本は遅れを取らぬようにせねばなるまい。

(中略)

兵器の製造、補充は将来の大問題だが、惜しいことをしたと思うのは、加藤(高明)が日支協約(二十一か条要求)をやったばかりに、すっかり打ち壊してしまった。何もやかましい条約などでやらなくても、事実上、第5項の大部分は日本の手に納め得られたので、せっかくの武器のはけ口をだいなしにしてしまった。

たとえ技術上はドイツに負けない立派な武器が出来ても、数の上で製造能力を意地するだけの平生の購買力、消費力、需要力が出来ていなければやっていけない。すなわちロシアでも、支那(以下、中国)にでも、平生から売込みの約束が出来ていなくては、イザというときに間に合うだけの製造能力は維持していけない。

中国問題は、多年我が党が心配してきたものだが、この頃になってやっと官民ともに必要上、これに力を入れて研究する時機がきた。自分は思うところがあるので、今日はまだ何も言わないが、後年中国と日本が互いに東洋の平和を保っていこうというには、中国に対する言動を、よほど慎んでもらいたい。

競争国は日中両国間の離間を策し、日本は中国を三分しようとしていると風説を立てるものもある。自分は、日本に領土拡張の野心なきを説いて、誤解の一掃に努めているが、国民中に途方もない議論を吐き、国の中枢にいるものにも不謹慎な言動がある。このままでは、南方、北方のどちらが勝っても、日本はどちらからも好感をもって迎えられない。

日本人には、中国の動乱が終わったら、この際大々的に大陸に発展しようと夢想しているものもあるかもしれないが、アメリカがだまっているものか。それに欧州諸国といえども安心はできない。政府には金がなくても、資本家はやはり金を以ているから、何でもやるに違いない。

現内閣(第二次大隈内閣)は何にでも手を出しにかかっては、途中で恐ろしがって引っこませてしまう。要するにいたずらに敵ばかり作っている。侵略どころか自分の足下の方が危なくないか。

その他の出来事

【第一次世界大戦】
英仏経済協定締結。
フランスの大部分の炭鉱が戦闘地域にあるため、イギリスがフランスへ石炭を供給することに同意。

【アメリカ】
ノーマン・ロックウェル(22)の絵が、初めて「サタデー・イーブニング・ポスト」の表紙を飾る。(以降1963年まで)

【訃報】
馬場道久(70)
富山の船問屋の家に生まれ、越中船主同盟会を設立、会長となられました。また、県会議員、貴族院議員も務められています。

訃報: 宮川 香山 (陶芸家)

京都の陶工の家に生まれ、19歳の時に父、兄の死により家督継承。
幕府に御所献納の品を頼まれるほどになりました。

後に新政府の御用商人に招かれ、横浜に輸出向け陶磁器皇后を設立。精密な彫刻を彫り込む技法を開発し、フィラデルフィア万国博覧会では世界的に注目を浴びています。

参考サイト:宮川香山 眞葛ミュージアム

1916年(大正5年)5月21日

沖縄二中問題沈静化

沖縄県立二中の生徒と県農学校の生徒の問題について、20日二中の校長より、5日間の停学と農学校生徒への謝罪が申しわたされました。

生徒は停学処分は受けるが、謝罪はしないと強硬な姿勢を示していましたが、教師および父兄の尽力により、生徒側から7人の代表を選出することになりました。

生徒側も自ら悟り、校長の面前で農学校の総代に謝罪をすることになり、農学校は22日から、二中は25日から授業を再開することになっています。

関連記事:5月13日

その他の出来事

【教育】
東京府豊多摩郡渋谷町立広尾尋常小学校設立。
(現在の渋谷区立広尾小学校)

【社会】
曲芸飛行家アート・スミスが、金沢で曲芸飛行。
新聞記者の東善作が、飛行家を目指すきっかけとなっています。
参考記事: かほく市の偉人 東善作

【イギリス】
イギリスも夏時間採用
ドイツに続き、イギリスでも夏時間が採用されました。戦時中の石炭削減の目的です。
(ドイツの導入:4月30日

【アフリカ】
ベルギー軍がルアンダ占領(4月21日に侵攻開始)

1916年(大正5年)5月22日

飛田遊廓設置反対期成会設立

大阪府議会議員、市議会議員、医師、弁護士、実業家、大阪毎日新聞社などからなる、飛田遊廓設置反対有志大会が中之島銀水楼にて開かれました。出席者は120名超です。

弁護士の吉田音松氏が、大隈首相、一木内相、高田文相を訪問した結果を報告しています。

・大隈首相は、証拠があるか、証拠証拠、と人を馬鹿にした対応をした。
・高田文相は、飛田遊廓設置の当否を聞かれれば、文相としてはもちろん賛成できず、と明確に回答をした。
・一木内相は、私娼撲滅やら性欲問題を語って要領を得なかったが、「大久保知事が取り消すといえば、内務省では反対しない」と言った。

ということで、大久保知事に取り消しを迫る方針が決まっています。

関連記事:4月16日など

幼年職工の実情 - 工場法施行前

6月1日から工場法が実施されるため、10歳以下の職工は雇えなくなります。
(関連記事:1月22日

大坂府下では 236人の幼年職工がいて、6月から親元に引き渡すことになります。

小松秋雄君(9歳)の話

「お父さんはとうに死んでしまった。ここへ来たのは、お母さんが他に奉公するのに、俺がいたら邪魔になるからだ。

ご飯は朝と9時と1時と晩で4回食う。1日と15日の晩には、お魚の御馳走があるんだ。それに15銭ずつ小遣いをもらって、千日前に遊びに行く。

夜はかまどのそばに筵(むしろ)を敷いて、その上に寝る。暖かいから布団などいりやしない。

仕事は払い(型からはみ出したガラスの余りを取ること)をやっているが、玉を吹くようにならなきゃ、お金はたくさん貰えないや。」

その他の出来事

【中国】
四川将軍陳宦(ちんい)、四川独立を宣布。

袁世凱によって四川省軍に任命され、袁世凱の皇帝就任を支持していた陳宦が、四川省の独立を宣布しています。

【第一次世界大戦】
ドイツで戦争食糧庁が設置される
参考サイト:ドイツの「帝国ジャガイモ局」

【社会】
連続尼僧殺人事件の犯人 大米龍雲に死刑判決
関連記事: 1915年11月9日
参考サイト:国立国会図書館デジタルコレクションより

この週に誕生日を迎えた人々

板垣 退助政界引退79
ヴィットーリオ・エマヌエーレ・オルランドイタリア法務大臣56
三宅 雪嶺日本及び日本人主筆56
エリック・サティ作曲家50
南方 熊楠「十二支考」連載中49
ニコライ2世ロシア皇帝48
バートランド・ラッセル数学者・哲学者44
美濃部 達吉東京帝国大学法科教授43
生田 長江文芸評論家34
ホー・チ・ミンイギリス留学中26

索引語:アフリカ アメリカ イギリス ドイツ フランス ラテンアメリカ諸国 中国 中東 事件 地方 文化 海軍 犬養毅 産業 社会 第一次世界大戦 航空 訃報

Posted by 主筆 at 2016/05/23/13:36

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ