百年前新聞

2017-10-19

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)5月30日~6月5日

大正5年5月31日

1916年(大正5年)5月30日

済生会病院 開院式

恩賜財団済生会病院が、開院式を行ないました。
来賓には波多野宮内大臣、各国務大臣、朝野の名士数百名が訪れています。

済生会の総裁伏見宮殿、会長徳川家達(貴族院議長)、院長の北里柴三郎博士が、開院の挨拶をしています。

関連記事:1915年9月11日

その他の出来事


ジョン・モスビー

【地方】
横浜市が道志村の水源林を買い上げる
参考記事: 横浜xy通信

【訃報】ジョン・モスビー(アメリカ南軍の軍人)

1833年生まれ、享年82歳。
南北戦争に際し、故郷バージニアのために志願。南軍の騎兵大隊長として、ゲリラ的な攻撃を行ない、北軍に脅威を与えました。(「灰色の亡霊」というあだ名がついています)

戦後は熱心な共和党員となり、内務省や司法省にも出仕しています。

1916年(大正5年)5月31日


沈没した英巡洋戦艦「Invisible」

ユトランド沖海戦

ユトランド半島沖で、第一次世界大戦最大の海戦が行われました。
イギリス側が151隻、ドイツ側が99隻と、両軍ともに総力を結集した戦いです。

戦死者はドイツが2,551名、イギリスは6,094名と、戦術的にはドイツの勝利に終わりましたが、主力艦の残数はイギリスの方が多く、イギリスの制海権優位は揺るぎません。

この後、ドイツは大海戦に出ることなく、無制限潜水艦作戦を強化することになります。


獏沈するクイーン・メリー

陸軍飛行将校を欧州に派遣

陸軍飛行隊の沢田秀中尉、武田次郎中尉が、欧州に派遣されることが公表されました。
6月中旬に出発し、英仏両国の軍用飛行機の進歩について、調査を行う任務です。

工場法の実施延期

6月1日から施行予定の工場法が、9月1日からの実施に延期されました。
(関連記事:1月22日など

河野広中農商務大臣の談話


河野広中

工場法は枢密院の審議の都合上、延期せざるを得なくなった。誠に遺憾に堪えないところである。枢密院に呈示する時期が遅延したのは、各方面への諮問の答申が予定よりはなはだしく遅れたからだが、当局の不注意という責任は免れない。

農商務省では、昨年の4月に準備に着手し、9月に勅令案を各地方長官、また商業会議所に諮問をして、答申を求めた。また10月から11月にかけて、各地方の工場主任官を召集して、工場法に関する講習を行なった。

12月に閣議に上程し、今年1月に実施時期を6月1日に決定し、本省が行うことはつつがなく完備したが、先に諮問した方面からの答申が来ない。しきりに督促状を発して、ようやく3月末に各方面からの答申を取りまとめ、4月に中央衛生会に諮問したが、これも期日より遅延した答申となった。

5月1日にようやく内閣に回付し、法制局の審議を経て10日に閣議決定し、翌11日に枢密院に提出した。5月17日の定例日に、初めて枢密院の審議に上ることとなった。

だが枢密院では、42条という多数の条項がある議案であるため、この審議は9名の特別委員によって審議することになったが、実施期日まで到底間に合わず、延期となったのである。

長崎の中学校で同盟休校

長崎市の中等学校東山学院では、生徒の服装検査をし、服装を直さない者を停学にしましたが、生徒側は不服として同盟休校となっていました。
学校側は慰撫に努めましたが、26名が退学、47名が無期停学となりました。

1916年(大正5年)6月1日

徳島私立小学校 遊動円木事件の判決

大正二年(1913)12月25日に、徳島市立寺島尋常小学校で小学三年生の児童が授業中に、運動場の遊動円木の支柱が折れて死亡した事件に関して、徳島地方裁判所が市長に損害賠償判決を出していました。

市長はこれは不服として大審院に上告していましたが、大審院において管理上の責任ありとして、市長の敗訴を言い渡しています。

袁世凱の病状

袁世凱総統が健康がすぐれず、フランス医師の診察を受けています。
重い神経衰弱にかかっているようです。

同盟休校に対する高田早苗文部大臣の談話

同盟休校は、必ずしも生徒側の罪に帰すべきものばかりではなく、中には学校の欠陥や教師の無責任から起こることも、往々ある。あるいは制度から、あるいは風教問題からというように、その原因はとうてい一律にすることはできない。

あまりに泡をくって当局者が干渉しすぎるのもよくない。生徒に臨むのに、自分と同程度の人間のように考えては間違いである。いわば赤子に臨むという態度で、愛情をもって臨んだら、生徒も理解しよう。

教師が生徒に媚びて、お世辞ばかり並べるようでは教育上はなはだ面白くないが、威厳を失わない範囲で、お互いによく理解しあうのは、誠に望むべきである。

その他の出来事

【中国・日本】
山東省駐在の日本守備隊に対し、中国の第47旅団が暴行。日本軍が抗議、日置公使が中国政府に抗議。

【鉄道】
京王電気軌道で、調布から多摩川原駅間の多摩川支線が開業。多摩川の砂利を運ぶことが主目的。

1916年(大正5年)6月2日

出来事

【教育】
文部省が教師向けに水泳講習会開催を決定

【地方】
栃木県知事に平塚広義が就任。(新任)
前栃木県知事 北川信従は、新潟県知事に転任。
前新潟県知事 坂仲輔は、実業界(藤田組)へ転進。

【第一次世界大戦】
ヴェルダン戦で、ドイツ軍がヴォ―堡塁の一部を占領。フランス軍との死闘続く。

1916年(大正5年)6月3日

出来事

【アメリカ】
国家防衛法が制定される。正規軍・州兵を強化。

【チェコスロヴァキア】
チェコスロバキアで反オーストリア運動の指導者が、反逆罪で死刑の宣告を受ける。

1916年(大正5年)6月4日

ブルシーロフ攻勢始まる


ブルシーロフ将軍

これまでドイツ・オーストリア側に押され続けていたロシア軍が、アレクセイ・ブルシーロフ将軍のもと、大攻勢を開始しました。

攻勢は全線で480㎞にも及び(リトアニアからウクライナまで)、63万人が動員されています。

作戦はフランスからの要請によるもので、激闘が続くヴェルダンからドイツ軍を東方に分割させることを目的としています。

オーストリア軍はロシア軍の攻勢を予期しておらず、ロシア軍は大きな戦果をあげています。

三党首会談の詳細が報道される

5月24日、30日の2回にわたって、三浦梧楼邸で開かれた三党首会談に関する報道がありました。
6月6日に、3回目の会合が行われる予定です。

党首会談に関しては、いろいろな噂がありますが、三浦子爵が三党首の会合を斡旋したのは、国防・外交を政争から超然とさせるため、ということです。

三浦子爵は第一次世界大戦の折から、挙国一致内閣を希望していますが、山県有朋の同意が得られず挙国一致内閣は行悩んでいます。よって、三党首の会談を斡旋したという噂です。

1916年(大正5年)6月5日

大浦事件の判決が下る

3月22日から続く大浦事件の裁判が終了し、前衆議院書記官長の林田亀太郎には罰金150円、議員買収の主役白川友一には懲役四ヶ月、板倉中には懲役六ヶ月、その他の被告にも執行猶予付きの懲役 2~3ヶ月が言い渡されました。

新聞紙上では、検事の論告よりも処罰が軽いことに対して「我が国の政治道徳は低劣」と批判の社説が掲載されています。(大阪毎日)

なお林田氏の家庭では、勲章が取り上げられないことも分かり、罰金だけで安堵をしています。

関連記事:3月22日など

陸軍所沢飛行場で宙返り飛行失敗

陸軍飛行隊の岡大尉は、訓練中に宙返り飛行を試みました。一回目は成功したものの、二回目は失敗し、400mの高度から松林に墜落してしまいました。

陸軍飛行場の所員が驚いて現場にかけつけたところ、機体は滅茶苦茶に破損、周囲の樹木も根こそぎ倒れていました。岡大尉と同乗の原田大尉は亡くなったかと思っていると、飛行機の下から岡大尉が泥まみれとなり現れれて、鼻血が出ただけですこぶる元気ということです。原田大尉も無事です。

陸軍では宙返り飛行は禁じられていますが、「今回は風にあおられたのではないか」と不問になっています。

袁世凱の病状

袁世凱の重病が伝えられ、北京では大虐殺の噂や、革命党の一派のテロなど、様々な噂が飛び交っています。

袁総統の側近が語ったところによると、四川省、湖南省の独立以来、神経がたかぶり不眠不食となり、日々衰弱を続けている様子です。

イギリス装甲巡洋艦「ハンプシャー」が触雷、沈没

イギリスからロシアに向かう装甲巡洋艦「ハンプシャー」が機雷に触れ、沈没。乗組員655名のうち、643名が死亡しました。

現役の陸軍大臣キッチナー元帥がロシアに向かう船であり、ドイツ側スパイ(デュケイン)の関与も疑われています。

訃報:ホレイショ・ハーバート・キッチナー


キッチナーの兵士募集ポスター

1850年生まれ、享年65歳。

1871年に陸軍に入隊し、測量隊将校として主にアラブ圏で任務につきました。

エジプト駐在将校としてイギリスのスーダン支配に関わり、スーダンの支配を決定づけたことで名声が高まります。

ボーア戦争では途中からイギリス軍の総指揮を執り、ボーア戦争に勝利しました。

第一次世界大戦では、開戦当時から陸軍大臣を務め、元帥陸軍大臣としてイギリスの戦争指導を行なっています。

この週に誕生日を迎えた人々

犬養 毅国民党党首61
エドワード・エルガー作曲家59
井口 喜源治教育者46
西原 亀三寺内正毅側近43
大西 瀧治郎横須賀海軍航空隊25

索引語:アメリカ イギリス ドイツ フランス ロシア 中国 健康・医療 司法 地方 政治 教育 産業 第一次世界大戦 航空 陸軍 訃報

Posted by 主筆 at 2016/06/06/14:02

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ