百年前新聞

2017-10-19

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)7月25日~31日の出来事

大正5年7月26日

1916年(大正5年)7月25日

矢島楫子女史が貞操問題に関する講演会を計画


婦人矯風会の矢島楫子女史は、先ごろ「全国男女貞操問題大講演団」を結成し、東京及び地方で提携して、この秋から大々的に活動を始める予定です。
これに関して、矢島女史は時事新報に下記のように語りました。

矢島女史関連記事:大正4年12月24日 姦通罪の請願

今回の私娼撲滅は、社会の一面から見ると非常に結構なことで、私どもも出来るだけ助力する考えですが、これは消極的な動きであって、もっと積極的な動きがあるはずです。

すなわち、あわれむべき婦人を救うと同時に、男子の貞操観念を喚起することが、目下の急務であると、衆議が一致しました。

そこで全国の教育家、宗教家が気脈を通じて、この秋から大いに活動しようとしています。

近頃「淪落」という新しい言葉ができて、教育のある男女が、人倫の階段から堕落していく、しかも誤って密かに落ちるのではなく、天下に自慢して堕落していく。これは全く貞操観念の破壊にほかならぬものであります。

もとより、人間の社会、特に情が絡むことは、とうてい杓子定規に行きませんが、近来の事例は、どれもこれもあまりの沙汰です。その罪悪の深さ、四囲に及ぼす悪影響は、決して私娼の比ではありません。誠に恐るべきことです。

貞操の根本観念を確立することが、今日の最急務であると考えて、着手に至った次第でございます。

書評「科学の価値」(アンリ・ポアンカレ著、田辺元訳)

フランスの科学者として、特に数学上の研究から哲学に入り、科学的哲学者として異彩を放っているアンリ・ポアンカレの名著が、このたび翻訳されました。

訳者は科学の研究に特別な注意を払っている哲学者、田辺元氏(東北帝国大学講師)で、ポアンカレの紹介者としては最も適任と思われます。

その他の出来事

【産業】
第一銀行の株主総会、席上で渋沢栄一が40年間務めた頭取を辞任することを発表。後任は佐々木勇之助。

【朝鮮】
朝鮮酒税令が公布される。(施行9月1日)

【地方】
鹿児島県の南薩鉄道で、毘沙門駅、入来駅が開業

【アメリカ】
駆逐艦トリップが、予備役から再就役。第一次世界大戦に備え、訓練を始める。

1916年(大正5年)7月26日

警視庁が闘犬、闘鶏、闘牛を禁止

警視庁が警視庁令により、闘犬、闘鶏、闘牛取締規則を公布し、闘犬、闘鶏、闘牛を禁止することを発表しました。

これに関し、丸山保安部長は次のように語っています。

--------

市内各所で闘犬が行われ、ますます盛んになる傾向がある。

警視庁で調査したところ、闘犬は高知県以外では許可されておらず、黙認されていた地方でも徐々に取締りを強化している。その結果、地方の闘犬が東京に流れ込んで、ますます盛んになっているのである。

調査すると、子どもを闘犬場に連れて行くなどの問題もあり、どうしても禁止した方が良いということになった。

禁止の理由は、人間の残酷性を助成すること、飼い主の間に紛争が絶えないこと、賭博の具になっていることなど、しょせん人類の品性を堕落させるからである。

石川県衆議院選挙無効問題、大阪控訴院でも選挙無効判決

石川県の衆議院議員選挙無効訴訟に関しては、昨年10月に名古屋控訴院で選挙無効の判決が下っていましたが、大阪控訴院でも無効の判決がありました。

選挙用紙を鑑定したところ、明らかに正規の選挙用紙ではなく、容易に記入内容が透視できる用紙だったためです。

石川県知事は、「選挙をやり直すことになれば、再び激しい選挙戦があり、石川県民の不幸である」と上告をする予定です。

関連記事:大正4年10月23日

その他の出来事

【地方・鉄道】
小名浜 - 江名村南間で、磐城海岸鉄道が開業
廃線となった三春馬車鉄道より車両、資材を購入

【第一次世界大戦】
東アフリカ戦線で、タンガニーカ湖のドイツ砲艦グラーフ・フォン・ゲッツェン が、イギリス軍の鹵獲を逃れるため自沈。
(後年サルベージされ、今でも現役で就航している)

1916年(大正5年)7月27日

孫文が革命党支部に党務停止を通告


孫文

上海からの電報によると、孫文の中華革命党本部は、25日に各支部に党務停止を通告しました。

「約法が復活、国会が召集され、破壊は既に終わり建設に入った。革命の名義が無くなったため、一切の党務を停止する。
 今後の組織や目標については、各支部の意見を聴取し、今後の事を決する。」

その他の出来事

【陸軍・ドイツ人捕虜】
陸軍省が、各捕虜収容所に対し、隔離しておくべき捕虜の存在を報告するよう通牒する。捕虜同士のトラブルにより殺傷事件が起こると、国際法上の問題になるため。

【社会】
帝国大学の学生、小学校教諭のパーティが、破風山(埼玉県秩父地方)登山中に遭難。悪天候のため。

【フランス】
超弩級戦艦「ロレーヌ」が就役(退役は1953年)

訃報:カール・クリントヴォルト(ドイツの音楽家)


1830年生まれ、享年85歳。

フランツ・リストからピアノの指導を受け、ワーグナーとも親交を結ぶ。
ロンドン、モスクワで教えた後、ドイツに帰国。
1882年からは、ベルリン・フィルで指揮者をされています。

ベルリン・ワーグナー協会の会長にもなり、ワーグナー音楽の普及に努められました。

養女は、ワーグナーの息子と結婚したヴィニフレート・ワーグナーです。

(関連記事:1915年9月22日 ワーグナー家の結婚

1916年(大正5年)7月28日

【アメリカ】
タイタニック号沈没(1912年)に関して、被害者と運営会社との間で和解が成立。総額66万3千ドルの補償。

【第一次世界大戦】
ドイツのシュッテ=ランツ飛行船「SL10」が、セヴァストポリ(クリミア半島)攻撃の後、行方不明に。

1916年(大正5年)7月29日

この日は特に大きな出来事はありません。

1916年(大正5年)7月30日

中国海軍 再び独立

7月11日に独立を取り消した中国海軍ですが、再び独立を表明しています。

独立取り消しを北京政府へ送ったところ、黎元洪新総統からは丁寧な返電がありましたが、段祺瑞総理からは侮辱的な返電だったため、再度独立に傾いたようです。

その他の出来事

【社会】
福岡県立明善中学校で、校長の井上正信が自ら発明した無線電信機で模型電車を操作。観客400名が驚く。
参考サイト:くるめんもん.com

【アメリカ】
ニュージャージー州ジャージーシティで、英仏向け弾薬、火薬が爆破され、7名が死亡。ドイツ諜報員による工作活動。(ブラック・トム大爆発)

爆破の影響は自由の女神にも及び、この時以来、腕の部分が開かずの間になっています。

【科学技術】
ロシアのグレゴリー・ネウイミンが小惑星「ガスプラ」発見

1916年(大正5年)7月31日

第二回奉天借款が成立

第二回奉天借款が、朝鮮銀行と奉天省の間で成立しました。
金額は200万円、期限は3年、利子は年6.5%、担保は奉天省の酒税などです。

関連記事:7月17日

その他の出来事

【第一次世界大戦】
イタリアの潜水艦長ナザリオ・サウロが、フィウメに向かう途中に船が座礁、オーストリア海軍に捕えられる。(捕獲後、処刑される)
ナザリオ・サウロはオーストリア領出身のイタリア人で、イタリアの国土回復運動の英雄となる。
参考サイト:しもた屋之噺

【文化】
この頃、若い男性にオールバックが流行る。アメリカ人曲芸飛行士アート・スミスの髪型がオールバックだったため。

訃報: 萩原鐐太郎 (蚕糸業者、衆議院議員)

前碓氷社長で名誉顧問の萩原鐐太郎氏が亡くなりました。享年74歳。

萩原氏は明治初年以来、上州(群馬県)の蚕糸業の改善、発達に尽くされました。
明治26年に藍綬褒章を賜ったことを初めとし、たびたび大日本蚕糸会、大日本農会から表彰をされ、正六位にも叙されています。

この週に誕生日を迎えた人々

アーサー・バルフォアイギリス海軍大臣68
ジョージ・バーナード・ショウ劇作家60
エドワード・グレイイギリス外務大臣54
巌本 義治女子教育家53
ヘンリー・フォード自動車王53
田中 義一陸軍参謀次長52
フィリップ・シャイデマンドイツ社会民主党議員団長51
ビアトリクス・ポターピーター・ラビット作者50
カール・グスタフ・ユング心理学クラブ設立41
柳田 国男貴族院書記官長41
中村 天風時事新報記者40
松井 石根陸軍中佐、上海で工作活動38
畑 俊六陸軍少佐、参謀本部員37
大原 孫三郎倉敷紡績社長36
小山内 薫劇作家35
ベニート・ムッソリーニ第一次世界大戦従軍中33
東條 英樹陸軍大尉32
片山 哲弁護士29
重光 葵外務省員29

索引語:アメリカ イタリア フランス 中国 地方 学問 文化 朝鮮 生活 産業 社会 第一次世界大戦 訃報 陸軍

Posted by 主筆 at 2016/08/01/12:38

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ