百年前新聞

2017-08-22

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)8月1日~7日の出来事

大正5年8月2日

1916年(大正5年)8月1日の出来事

中国で国会が開催


黎元洪

中国で3年弱ぶりに国会が開催されました。

参議院及び衆議院の議員500名が集合し、黎元洪総統はフロック姿、段祺瑞国務総理は陸軍大将の正装で入場しています。

黎元洪総統の挨拶により国会が開会、

「余は至誠をもって憲法を遵守し、大総統の職務を行う」という宣誓には満場の大拍手がありました。

参観者は約1000名です。

ただ南方派の首領、唐紹儀、黄興らは上海に止まったままで、南北の協調は簡単ではありません。

その他の出来事

【地方】
香川県で雷雨、河川が氾濫
参考サイト:四国災害アーカイブス

【地方】
岐北軽便鉄道の旦ノ島駅(岐阜市)が廃駅となる

【アメリカ】
ハワイ火山公園が国立公園に指定される

【ドイツ】
40年間25ペニヒだった郵便料金が、30ペニヒに値上げ
参考サイト: ドイツ1873-1932

【第一次世界大戦】
商用潜水艇ドイチュラントが、ボルティモアを出港。(348 トンのゴム、341 トンのニッケル、93 トンのスズを搭載)
中立国アメリカに対し、イギリス、フランスなどが抗議。


ドイチュラント乗組員

1916年(大正5年)8月2日の出来事

横浜入港のハワイ丸でコレラ

7月27日横浜入港のハワイ丸の乗客に、コレラ患者が5名いました。(内、3名死亡)

船客181名は長浜消毒所に隔離中ですが、そのうち15名も感染していることが判明しています。
患者のうち2名はマニラより乗船しているため、マニラ経由での伝染ではと考えられています。

神奈川県衛生課では、船から糞便を海水に投機することを禁じ、付近の海水浴場にも注意を呼び掛けています。

なお伝染病研究所から二木謙三博士、内務省から防疫官補が応援として消毒所に赴いています。

また、船員、船客中には、遊廓で既に遊興したものもあり、遊廓の従業員に対しても健康診断が行われる予定です。

岸一太氏の飛行機製作

医学博士岸一太氏は、将来の飛行機時代を見越して、飛行機の研究に熱中しています。

発動機は140馬力を目指していますが、今のところは90馬力の発動機が完成しました。

9月中旬に完成予定で、まず宙返り飛行を行ない、東京~大阪間を5時間で到着させる計画です。

先日の陸軍の試験飛行では、途中2回の給油をしていますが、岸博士は一回も下降せず到着する飛行機を作る計画です。

関連記事:岸一太の離婚訴訟

函館からの電信が不通

青森からの知らせによると、函館~青森間の電信が不通になっています。函館に火災が起こっているということですが、詳細は不明です。

その他の出来事

【文化】
白樺の同人、有島武郎の妻、安子が肺結核で亡くなる。有島武郎は本格的に創作活動に入る。(安子は、陸軍大将神尾光臣の次女)

【第一次世界大戦】
イタリアの戦艦「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が爆発し顛覆。249名死亡。イタリア当局によると、オーストリア軍の工作活動による爆破。

【訃報】ヘイミッシュ・マッカン(音楽家)
1868年、スコットランド生まれ。
奨学金により王立音楽大学に入学、王立音楽大学の教授になる。
スコットランド風の音楽を作曲し、オペラの作曲や指揮もされています。


この日撮影された第一次世界大戦の一コマ

1916年(大正5年)8月3日の出来事

工場法の施行規則が公布

9月1日より施行される工場法の施行規則が公布されました。要点は下記の通りです。

・常に15人以上の職工を使用している工場、15人以下でも危険を伴い、衛生上有害な工場に対して。工場法を適用する
・危険、有害であっても、程度が大きくなければ、工場法は適用しない
・15歳未満の職工、15歳以上の女工に対して、就業時間を12時間に制限する(成年男子は制限なし)
・当面は、15歳未満、女工であっても、14時間までの延長を認める
・毎月、少なくとも2回の休日と、30分~1時間の休憩時間を設ける
・工場主は、精神病者、らい病、結核、伝染性皮膚病、伝染のおそれのあるトラホーム患者、産後日数を経ない婦人を使用してはいけない
・職工が業務上負傷、疾病にかかった場合は、職工自身の重大な過誤に原因したことを証明できなければ、全快または死亡に至るまで必要な費用を支給する
・ただし、療養を始めて3年を経過して治癒しない場合は、賃金170日分を支給して扶助を打ち切ることができる
・療養中も、初めの三箇月は賃金の半額、三箇月以降は三分の一の賃金を支給する。ただし、3年後には打ち切ることができる

鉱業警察規則の改正

農商務省が鉱業警察規則を改正し、かつ鉱夫労役扶助規則を制定、公布しました。9月1日より施行される予定です。

鉱業警察規則は明治38年に制定され、実施依頼の不備の点を改正しました。

・技術管理者の資格、責任に関する規定を変更
・事業の直接監督者の資格を制限
・坑内に連絡坑道を設け、二か所以上の脱出口を設ける
・落盤防止等の予防に、必要な事項を規定
・通気に関する取締規定を設けた
・ガス爆発防止のため、ガスの検査を義務付け、喫煙を含む火の取締りに関する規定を設けた
・爆発物使用に関する規定を設けた
・有毒性物質を取り扱う場所では、中毒予防など、衛生上の施設を義務付け
・緊急治療用具及び材料を備えさせた

また、工場法の実施に伴い、鉱夫労役扶助規則も制定されています。

・雇用労役規則に、就業時間、賃金の支払い方法、雇用、解雇などの必要事項を規定させる
・12歳未満の就業を禁じる。また、15歳未満及び女子の就業時間を12時間居合とする。
・15歳未満、女子の夜間就業に関しては、月2回以上は4回以上の休日を与える
・業務上の負傷、死亡等には、工場法と同一の扶助を行なう

などが定められています。

函館の大火詳報

8月2日午後3時50分、函館の旭町より発火し、折からの晴天続きで建物が乾いていたため、火が瞬く間に広がりました。

水不足のため消防にも苦慮し、約1800戸を焼失し、午後8時にようやく鎮火しました。

幸いにも死者はなく、重傷2名、軽傷者13名です。

その他の出来事


東京朝日新聞

【朝鮮】
元大韓帝国皇太子(18)と梨本宮片子女王(15)との婚約が発表
朝鮮王族と皇室との政略結婚、片子女王は新聞で婚約を知る

【第一次世界大戦】
スエズ運河北部の町ロマーニに、オスマン帝国軍が攻勢をかける(~5日)
イギリス守備隊 約1万人 対 オスマン帝国軍 約1万8千人
イギリスが防衛に成功

訃報:ロジャー・ケースメント (外交官、アイルランド独立活動家)


1864年ダブリン出身、享年51歳。

外交官となり、アフリカのコンゴや、南アメリカで、圧政を報告するなどの活躍をされました。
1913年に外交官の職を辞し、アイルランド独立運動に専念します。

第一次世界大戦が始まると、ドイツに密入国し、ドイツからアイルランド独立闘争のための武器を調達しようと試みますが、帰国時に逮捕されました。
1916年4月20日

反逆罪のため、死刑となっています。

1916年(大正5年)8月4日の出来事

経済調査会が対中国金融機関の整備方針を決定

午前9時より首相官邸で経済調査会(会長大隈重信)が開かれ、日支銀行、満州銀行の設置について話し合いが行われました。

原案通り可決し、

・日支銀行は、日支合弁とし、資本金は2千万円とすること(本店は上海、重役の1/3が中国人)

・満州銀行も日支合弁とし、資本金は1千万円とすること(本店は奉天、重役はすべて日本人)

が決定されています。

工場法施行令に関する東京朝日新聞社説

・6月1日実施される予定だった工場法が、枢密院の手続き上、9月1日から実施となり、その施行規則がようやく発表された。

・施行規則には不備、杜撰があり、15歳未満の男女、15歳以上の女子を、猶予期間を設けて14時間労働を許可したのは、その一例である。

・工場法適用の全国工場数は1万3千、職工は約90万人、内男が4割、女が6割である。女工のうち、製糸・織物工場が一番多い。

・この製糸・織物工場の女工に、猶予期間を設けたということは、工場法が工場主本位ということを表している。
(完全実施は15年後)

・原動力を用いない手工業に関しては適用外となっているが、動力の有無で適用を判断するのは間違っている

・工場法が幼稚なのは、工業界が幼稚であるからで、工場主・職工ともに、非進歩的であるからである。

政友会が鉄道広軌に反対

3日のyルに開催された政友会の政務調査会で、鉄道広軌化問題が議論されましたが、全会一致で広軌化に反対となりました。
広軌化は鉄道普及を阻害し、財政上も当を失している、という理由です。

秩父連山縦走の東大生ら行方不明報道

昨月25日に東京を出発した東大生4名、小学校教諭1名のパーティは、30日に帰京する予定でしたが、まだ帰宅していません。
家族より山梨県警に捜索願いが出されています。

ヒンデンブルクが東部戦線 独墺軍総司令官に

ドイツ公報によると、東部戦線のドイツ・オーストリア軍は編成を変更し、ヒンデンブルク将軍が最高司令官に任じられました。

東部戦線には190万人がおり、オーストリア軍はドイツ軍にほぼ併呑された形になっています。

その他の出来事

【海軍】
潜水艦に等級を制定する。水上排水量600トン以上を一等潜水艇、600トン未満を二等潜水艇とする。

【事件】
広島控訴院が、前年の殺人事件に関して容疑者加藤新一に無期懲役の判決
(*加藤老事件、62年間に及ぶ冤罪事件)

【アメリカ】
カリブ海のヴァージン諸島を、アメリカがデンマークより2500万ドルで購入

【第一次世界大戦】
中立国のルーマニアが、英仏露と政治・軍事協定に調印

1916年(大正5年)8月5日の出来事

経済調査会で船腹調節案が可決

首相官邸で経済調査会が開かれ、田健次郎主席医院より報告のあった船腹調節案が可決されました。

大戦景気により、輸出が好調ですが、

・第一次世界大戦のため、外国からの船舶購入は難しい
・国内での新造も、材料不足により滞っている

ため、比較的、輸送量の少ない航路の船を輸送量が多い航路に割り当てる以外は、臨機適切な措置をする、という結論になっています。

慶応義塾が医学部の設立を決定

慶応義塾は、医科、理工科を設置して、総合大学とすることが多年の希望でしたが、このたび設立趣意書が発表されました。

福沢諭吉先生と縁のある北里柴三郎博士が設立の任に当たり、渋沢栄一等の財界人もこの挙を応援しています。

小雛丸 撃沈の情報

5日、海軍省に在英武官より、汽船小雛丸がドイツの潜水艦に撃沈されたとの電報が入りました。
地中海で撃沈され、船員はアレクサンドリアに上陸、船長のみが捕虜となったようです。

小雛丸は、村井銀行船舶部所属、フランス政府と傭船契約を結んでいました。

その他の出来事

【地方・鉄道】
箕面有馬電気鉄道宝塚線に、雲雀丘駅が開業

【航空】
玉井兄弟が、四日市の海岸から自作飛行機「日本号」のテスト飛行。エンジン不調により失敗

【文化】
田山花袋「日本一周 後編」刊行。東北~北海道編で、前・中・後が完成

【訃報】ジョージ・バタワース (イギリスの作曲家)
1885年生まれ、享年31歳。
ヴォ―ン・ウィリアムズと親友同士で、ウィリアムズのロンドン交響曲の作曲に関わる。
第一次世界大戦に志願兵として出征し、ソンムの戦いで命を落としています。

1916年(大正5年)8月6日の出来事

東大生山岳遭難事故続報

6日早朝、東山梨郡日下部警察より出発した捜索隊が、午後3時三富村に到着。三富村の森林で、一人の人夫が駆け寄り、日下部警察署宛ての封書を手渡しました。

封書には、一人の学生が三富村の丸善製板所に到着、助けてくれと言ったまま昏睡状態となった旨が書かれていました。

学生の持ち物を調べたところ、行方不明の学生のうち一人と判明し、医師を呼んで応急手当をしたとのことです。

その他の出来事

【政治】
大隈重信首相が、寺内正毅に再度立憲同志会との連立を勧める

【地方】
北勢鉄道で、楚原~阿下喜間が開業。現在の三岐鉄道北勢線。

【第一次世界大戦】
イタリアがイゾンツォ戦線で攻勢。第六次イゾンツォの戦い

訃報:フランツ・エッケルト(ドイツ人作曲家)

1852年プロイセン生まれ、享年64歳。

1879年に来日し、日本の国歌となった君が代に、伴奏をつけました。
当初契約期間は2年でしたが、たびたび延長し20年間日本に滞在し、海軍軍楽隊、陸軍戸山学校、宮内省式部職など、音楽に関わる多くの職に関わっています。
1897年の英照皇太后の大喪の礼では、「哀の極」を作曲されました。

ドイツに帰国後、再度アジアに職を求めて韓国に滞在。大韓帝国軍楽隊に関わりますが、日韓併合後は民間で音楽を指導され、ソウルで客死しました。

1916年(大正5年)8月7日の出来事

東大生遭難事件 続報

登山中に行方不明となった東大生のうち、4名の死亡が確認されました。
三富村北端の渓谷で、4名とも全員傷だらけとなって、死後4~5日を経過しているものと思われます。

訃報:上村彦之丞(海軍大将)


1849年(嘉永2年)薩摩藩生まれ、享年67歳。

戊辰戦争に従軍し、明治維新後は海軍兵学寮に入りました。
西郷隆盛の下野の際、一度鹿児島に戻っていますが、西郷の説諭によって兵学寮に入り直しています。

海軍兵学寮4期を成績最下位位で卒業も、士官となってからは活躍されました。

日清戦争で武勲をあげ、日露戦争では第二艦隊司令長官として、蔚山沖海戦でウラジオストク艦隊を撃破、日本海海戦ではバルチック艦隊の進路をふさぎ、日本の勝利に大きく貢献されています。

逸話

「艦に乗らないと気持ちが悪い」と言って、司令長官になって毎日船に乗っていたぐらい、海が好きでした。陸上勤務は極めてわずかで、「船乗り将軍」のあだ名もあります。

日露戦争後は狩猟に熱中し、毎週末、猟にでかけていました。ある時、猟の帰りに軍用道路を通ったところ、海軍の新兵が長官の顔を知らず、「誰だ」と誰何し、銃剣を突き付けました。
大将は「オイドンだ、オイドンだ」と答えましたが、新兵はまじめで突き殺す勢いでしたから、大将は遠回りをして官舎に帰りました。

翌日、その新兵に3日の休暇を与え「職務に忠実」と賞賛したことは、大将の規律正しさを表しています。

その他の出来事

【海軍】
駆逐艦「江風」をイタリアに譲渡

【第一次世界大戦】
オスマントルコのムスタファ・ケマル・パシャが率いる軍隊が、ビトリス・ムシュをロシア軍から奪回

この週に誕生日を迎えた人々

成瀬 仁蔵日本女子大学学長58
スタンリー・ボールドウィンイギリス下院議員(保守党)49
マタ・ハリパリでスパイ活動中40
桂 春団治(初代)上方落語家38
野村 徳七野村商店社長38
岩崎 小彌太三菱財閥4代目総帥37

編集後記

今回から、簡単な編集後記を再開することにしました。

9月1日から施行される工場法の施行規則が発表されています。
「15歳未満と女子に対し、12時間以上の使用を禁じる」ということで、現代の感覚からすると、超ブラック企業ですね。
当時はこれでも進歩で、これでも産業界から反対があり猶予期間が認められています。

コレラも流行の兆しを見せており、衛生面の問題もまだまだ大きい時代でした。

山岳隊の遭難も、日本の山岳史では重要な事故ということです。
無謀な登山に対する非難が高まって、山小屋の整備などに繋がっていきました。

その他、慶応義塾大学に、医学部の新設が決まっています。

中国では3年弱開催されていなかった国会が再開し、新たな動きが始まっています。

李王室との結婚が決まった梨本宮方子女王は、完全な政略結婚で、本人は新聞報道で知ったということです。
この頃の皇室の方も、波乱万丈な人生を歩まれていますね。

上村彦之丞大将は、Wikipedia等では8月8日が命日になっていますが、8日の新聞で報道されていますので、7日に亡くなっているのが正しいんだと思われます。
届け出が8日で、それで8日になっているのかな?と推測します。

違ってる!と思う方がもしかしていらっしゃるかもしれませんので、一応補足として書いておきますね。

では、また来週もお楽しみに!


索引語:アメリカ イタリア トルコ ドイツ 中国 中東 事故 健康・医療 地方 政治 教育 海軍 満州 産業 皇室 社会 第一次世界大戦 航空 訃報 鉄道

Posted by 主筆 at 2016/08/08/12:18

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ