百年前新聞

2017-06-28

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)8月29日~9月4日の出来事

大正5年8月30日

1916年(大正5年)8月29日

大阪でのコレラ流行拡大

大阪市内の女学校で、寄宿舎に滞在中の生徒(15)が、コレラにより死亡しました。
大阪市の衛生課は、寄宿舎の生徒の検疫、校内の消毒を行なっています。

校内には教師、雇人、寄宿舎生徒など21名が寝泊まりをしており、全員を隔離するべきところですが、隔離所が既に満員のため、しばらくは校内に止まり毎日検疫を行なうこととなりました。

幸いに夏休み中であり、帰省している生徒も多いため、感染者数が少なくなっています。

また市内の紡績会社でも女工にコレラ患者が発生しており、女工100名以上が隔離されています。

綿会社でもコレラ患者が発生し、400名以上の女工が隔離されました。

付近の住民は震えあがり、遊廓では予防注射を行なっています。

京都でもコレラ被害が拡大

伏見工兵第十六大隊にもコレラ患者が発生し、全員に検便検査などを行ないました。
これまでの京都府内での感染者は7名です。

京都府では、流行の震源地である西側からの荷物に対し、臨時検疫所を設ける予定です。

その他の出来事


ヒンデンブルク

【外交】
閣議で、鄭家屯事件(関連記事)に関する解決方針を決定。
謝罪金の支払い、責任者の処罰、居留民保護のため日本警官駐在を要求。

【海軍】
雷型駆逐艦「漣」(さざなみ)が撃沈処分。1899年竣工、日露戦争で活躍した船。

【中国】
宋社党が奉天で解散式

【ドイツ】
ヴェルダン戦の不振、ルーマニア参戦の責任を取り、参謀総長ファルケンハインが辞任。後任の参謀総長はヒンデンブルク、参謀次長はルーデンドルフ。
(実権はルーデンドルフが握る)

【アメリカ】
・フィリピンの自治に関する「ジョーンズ法」が成立。
 将来のフィリピン独立を約束。フィリピン人から成る上院・下院の設置を許可。
 ただ、行政権はアメリカ人総督が保持し,総督はフィリピン議会を通過した法律に対し、拒否権を保持する。

・軍事特別会計法が成立。
 陸海軍の強化と、国防会議の設置が決まる。

・装甲巡洋艦メンフィスが、ドミニカで停泊中、大波により大破。40名が死亡。200名以上が重傷
参考サイト:What Happened on August 29, 1916

・海軍軍人チェスター・ニミッツ(31)が少佐に昇進

【ロシア】
ルーブルの発行限度額が35億ルーブルから55億ルーブルに拡張される
(大戦開始時は15億ルーブル)
参考記事: ロシア革命の貨幣史

1916年(大正5年)8月30日

東京でもコレラ患者の報告

各地で流行しているコレラですが、東京でも6名の新患者が報告されました。

新宿の青物行商、名古屋留吉(43)氏は、25、26日と新井の薬師際の畑地で里芋を購入し、小川で洗って27日に京橋の市場で売却。
28日は淀橋の青物市場で仕入をし、これを大久保等で売り歩きましたが、28日の夜に嘔吐するなど発病。
医師の診断によりコレラと確定し、付近住民1305名に健康診断が行われています。

小石川、亀戸、小松川、千住でもコレラ患者の報告があります。

横須賀鎮守府は上陸禁止令

横須賀でもコレラ患者が続出しており、横須賀鎮守府は士卒全員の上陸禁止令を発しました。
横須賀では海軍関係の需要が無くなり、市民は大損害となっています。

横浜では海水からの感染の疑いが強く、横浜の魚屋は大打撃を蒙っています。

その他の出来事

【第一次世界大戦】
オスマン帝国がルーマニアに宣戦布告

【ギリシャ】
元首相のヴェニゼロス氏を首班とした連合国派が、サロニカで政府(国王派)に反旗をひるがえす

【社会】
シャクルトン率いる南極探検隊が、チリ政府と交渉して借りた小型のタグボートで南極(エレファント島)に残された22名を救出して帰還

1916年(大正5年)8月31日

工場法施行前日

9月1日から、いよいよ工場法が施行されるため、新聞社が東京市内の工場に取材に行っています。
工場法詳細:8月3日工場法施行規則

鐘紡の重役談

ハハハ。工場法ですか。あんな程度の低い優待法じゃ、私らの会社は満足はできませんよ。

例えば工務上で死亡した職工には、工場主は賃金の170日分以上の遺族扶助料を支給せよというが、私の会社では330日以上、つまり一年分近く支給していますし。工務上病気となって労務に服することができない者には、賃金の1/2以上を支給すべしとあるが、私の社では全額を支給しているという風です。

現在のままやっていけば良いですが、ただ届やら書類を差し出すという、余計な仕事を増やされたようなものです。ハッハハ。

押上付近の鉄工所

今度の工場法の中で何よりも困るのは、「工務上職工が死亡した場合は、賃金の170日以上を支給せよ」という一条で、例えば職工に1日1円を支給していたとすれば、一時に170円を支払わなければならない。
小資本の工場で、一時に100円も200円も持っていかれると、誠に困ってしまう。

そこでいろいろ考えましたが、職工すべてに300円ぐらいの傷害保険をつけようと思ったが、今日いたら明日いるかどうかも分からない連中だけに、保険をつけておくわけにもいかない。

そこで、保険会社の方で、その職場ごとに保険をかけておいてくれて、いくら人が変わっても、変わった人に保険がつくようなことはできないものでしょうか。

マッチ工場の社長談

工場法では12歳未満の者は雇えないというのですが、私らの工場は大人より手が柔かくて細い、12歳未満の女の子が仕事上便利です。これが出来なくなるのは、困ったものです。

何にしろ忙しい小工場では、工場法というものを研究する時間はありませんから、警察からでも皆を集めて、よく分かるように話をして欲しいと思っていますが、このままにして罰金でも食わされると困るので、明日あたり一日休んで、警察にでも聞きに行こうと思っています。

警察署の警官談

どうも警察でもわかりませんね。第一、適用すべき工場かどうかを見分けるのが困難ですよ。
まだ四箇月の猶予があるので、そのうち分かってくるでしょう。

その他の出来事

【海軍】
海軍兵学校47期入校 151名

【アメリカ】
フォード社がミシガン州に巨大プラント設立を発表

【ブラジル】
日系人向けの新聞『日伯新聞』創刊
参考サイト:ブラジル・ノロエステ地方における日本語新聞の果たした役割

8月の出来事

【社会】
8月のコレラ患者は1,305名、うち631名が死亡。

1916年(大正5年)9月1日

鄭家屯事件に対する交渉始まる(時事新報要約)

鄭家屯事件に対して、閣議決定の内容が在中国の林権助公使にに届き、林公使は2日に中国外交部に赴いて交渉を開始する予定です。

交渉の成行は分かりませんが、日本の要求は決して苛酷なものではありません。要するに、日本の要求は中国の制度を良好にさせるものであって、今後このような不祥事が起こらないようにするものです。

要求が妥当であることは言うまでもなく、中国政府が事件の重大さと責任を自覚し、誠意をもって交渉に当たれば、おそらく交渉は長引かずに平和的に解決されると思われます。

ただ中国側がどのような態度に出るかは、今後の事実を見ていくしかありません。

もっとも段祺瑞国務総理は、国会での質問に対し、「日本は平和的に解決する意思があるため、中国側でも努めて日本の要求を容れ、事を解決する」考えを示し、議員側も拍手をもって迎えたということであり、袁世凱のように事を構えることはないと思われます。

関連記事:鄭家屯事件(8月15日など

その他の出来事

【社会・産業】
工場法が施行される。(1911年3月29日公布 → 5年越しの施行)
職工15人以上の工場で、12歳未満者の就業禁止、15歳未満と女子の労働時間の上限を12時間とする。(ただし、向う15年間は2時間以内の延長を認める)

【鉄道】
京王電気軌道が、調布駅~飛田給駅を開業
北大阪電気鉄道に鉄道免許が下付される。(現在は合併され阪急の一部)

【アメリカ】
アメリカ、連邦児童労働法が議会を通過(14歳以下の就労を禁ずる)。
(ただし、州ごとの自治権を奪う、児童の労働機会を奪うなどの理由で、1918年に違憲判決)

【中国】
『青年雑誌』が『新青年』に改名。
(関連記事:1915年9月15日

【第一次世界大戦】
ブルガリアがルーマニアに宣戦布告
ブルガリア・ドイツ・オスマン帝国の混合軍隊が、国境を越えルーマニア領内に進入

1916年(大正5年)9月2日

鄭家屯事件の交渉に対する会見

林権助中国公使は、2日午前に中国外交部を訪問し、外交総長陳錦濤氏と会見しました。

会見の内容は、まだ公報が届いていませんが、林公使から日本の要求を提出するとともに、事件の性質上、やむを得ずこの交渉を開始した旨を説明したと思われます。

陳総長は、日本側の趣旨を諒解した上で、内閣に諮って回答するとしたようです。

日本側の要求は、交渉中は秘密となると思われますが、日本の要求は決して苛酷なものではなく、単に中国側の責任を問い、中国に事件の再発を防ぐ方法をうながすものであると予想されます。

その他の出来事


パプチャップ

【外交】
林駐華公使、鄭家屯事件に関し要求及び希望各4ヵ条を提出(希望条件は日本より軍事顧問・士官学校教官傭聘等)
*上記記事と関連あり

【中国・満州】
郭家店を占領していた蒙古軍(パプチャップ軍)が、日本側の説得によりモンゴルへ帰路につく
(*日本の外交戦略-満蒙独立運動への支援取りやめ-による)

【社会】
来日していたインド詩人タゴールが、アメリカ行きのため横浜出発

【第一次世界大戦】
ドイツがアメリカに和平案提示、大統領選を控えたウィルソンは拒否
ルーマニアに進入したドイツ・ブルガリア軍が、ルーマニアのトゥトラカン要塞を攻撃

【訃報】
小芝長之助 (幕臣)
文政12年(1829年)生まれ、享年87歳。
江戸城無血開城の際、憤りのため江戸城に放火して脱走。
榎本武揚に従い、戊辰戦争では函館で戦い、土方歳三の遺体を引き取った人物です。
晩年は、南千住の円通寺の墓守として、彰義隊の墓を見守りました。

1916年(大正5年)9月3日

満州で、日中両国の衝突

郭家店から引き揚げる蒙古軍を護衛するべく、日本の駐屯軍騎兵第21連隊から60騎が蒙古軍との合流地点に向かいましたが、途中で中国兵と衝突。日本軍に負傷者が出た模様です。

駐屯軍の司令部から、応援のため兵若干を出発させるようです。

その他の出来事

【文化】
盛岡高等学校の生徒が、秩父を地質調査の目的で訪問(*宮沢賢治が在学中)
参考サイト: 荒川ゆらり

【スポーツ】
早稲田大学の三吉知之輔が棒高跳びで2m92cmの日本記録
参考サイト:早稲田が作った日本記録

【アメリカ】
鉄道労働者に8時間労働を認めるアダムソン法が成立。労働組合による全国的ストライキを回避。

【第一次世界大戦】
ソンム戦で、イギリス軍が前進

1916年(大正5年)9月4日

朝陽坡事件(満州での日中両国の衝突)

9月3日に発生した日中両国の満州での衝突に関し、詳報が届いています。

蒙古軍がモンゴルへ帰還のため進軍しているところ、朝陽坡において中国兵が蒙古軍に射撃を開始。

蒙古軍は戦闘の意思なく、行軍を続行するということで、護衛中の日本の騎兵中隊が停戦のため、国旗を立てて中国軍に歩みよったところ、約500メートルの地点で乱射を受けました。

日本兵は地面に伏して、なおも国旗を掲げて停戦の意を表していたところ、射撃の一弾が国旗に命中しています。

事件の背景

蒙古軍が郭家店を引き上げるにあたり、中国軍との間に休戦条約を締結していましたが、奉天将軍張作霖は前言を翻し、蒙古軍と同行する宋社党軍を解散させろと主張。

蒙古軍は宗社党軍を解散させることに応じず、張作霖は関東都督府に対して、蒙古軍が宗社党を同行させる場合は、討伐する可能性があることを通知していました。

関東都督府では、鉄道附属地の治安維持のため、蒙古軍、中国軍に対して、

・日本軍は、鉄道附属地の治安を守るため付近での戦闘行為を認容しない
・監視のため、日本軍は騎兵一部隊を派遣する

という通告を9月1日に発していました。

これを無視した中国軍の行為、特に日本の国旗を凌辱したことに対して、日本陸軍の幹部が激昂しているようです。

鄭家屯事件に関する交渉

9月2日から始まった、鄭家屯事件の交渉では、日本側から4ヶ条の要求があったようです。

・所属長官の謝罪
・死傷者に対する弔意、損害賠償
・責任者の処罰
・将来の、日中両国の衝突を防ぐ保障

尼崎紡績会社の寄宿舎の現状

青年団設立の準備状況を探るため、大阪市北区の尼崎紡績会社の寄宿舎を訪問しました。(大阪毎日)

同工場では、なるべく職工の人格を認め、自重心を養成する目的で、清風寮という寮を作っています。

総員850名のうち、志望者などから130名を収容し、教育に成功しています。

同社の社員1名と、近所の学校の訓導から1名を教師として、毎夜1時間ないし1時間半を学科の教授に充て、寮生には清風寮10訓という寮生訓を作り、毎朝唱和しています。

それが知らず知らずのうちに身について、寮生の気風は模範職工という風になってきています。

学科の教授は、なるべく自発的に、無干渉主義で行なっており、眠る者は眠るでそのままにしていますが、寮生は自発的に発奮し、貯蓄もすれば勉強もするという風です。

その他の出来事

【文化】
茨木中学在学中の大宅壮一に、時事新報社少年部より懸賞のメダルが届く
参考サイト:鵜崎巨石のブログ

【アメリカ】
メジャーリーグで、モーデカイ・ブラウンが最後の登板。通算防御率2.06で、メジャーリーグ史上3位。

【第一次世界大戦】
アフリカ戦線で、イギリス軍がドイツ領東アフリカ(現タンザニア)のダルエスサラームを占領。

この週に誕生日を迎えた人々

ルイージ・カドルナイタリア軍総司令官66
古市 公威土木学会会長62
新井 領一郎横浜生糸綿花株式会社会長61
新渡戸 稲造東京帝大教授等54
明石 元二郎陸軍第六師団師団長(中将)52
光永 星郎電通創業者50
アーネスト・ラザフォードマンチェスター大学物理学教授45
山室 軍平救世軍大佐44
エドワード・ソーンダイクコロンビア大学哲学教授(心理学)42
チャールズ・ケタリングアメリカの発明家40
大正天皇大正天皇37
大内 兵衛大蔵省官僚28

索引語:アフリカ アメリカ スポーツ ドイツ ロシア 中国 事件 健康・医療 地方 文化 満州 海軍 社会 第一次世界大戦 訃報 鉄道 陸軍

Posted by 主筆 at 2016/09/06/11:30

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ