百年前新聞

2017-10-19

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)9月12日~18日の出来事

大正5年9月13日

1916年(大正5年)9月12日

日本美術院展 初日は大入り

今年も日本美術院展が開かれ(第三回)、一般公開の初日は入場制限となる大入りとなりました。

午前9時の開場時間を8時に繰り上げていましたが、開場後わずが30分で会場内はすし詰め状態となり、係員が入場制限をすることになりました。

会場前の群衆には、「客に対して拒絶するのは無礼」といきりたって、入口の幕を破る者も出てきて、警官が出動する事態になっています。

会場内の下足を300枚しか用意していなかったため到底不足し、近所の博物館から下足を借り、横山大観などの大家も下足の用意を手伝いました。

当日の入場者は1万100人で、日本美術院も大ニコニコとなっています。

なお、初日の出品で最高値をつけたのは、山村耕花の「業火と寂光の都」で、1000円の値を付けています。

その他の出来事

【科学技術・航空】
閣議で東京帝国大学に航空研究所を設立することが決定

【学問】
鳩山秀夫、『日本債権法総論』刊行。

【アメリカ】
ヴァン・ヴューレン姉妹(24/22)が、女性初のオートバイでのアメリカ横断に成功。
60日間かけ、ニューヨークからロサンゼルスまでを横断。
ヴァン・ビューレン姉妹は、第8代アメリカ大統領ヴァン・ビューレン(在任1837-41)の子孫。


ヴァン・ビューレン姉妹

1916年(大正5年)9月13日

出来事


【文化】
新潮社が「月刊トルストイ研究」を創刊

【鉄道】
大船~鎌倉駅間複線化

【中国】
・吉林省農安に、長春領事館分館を開館する旨が公示される
・日本と中華民国間に借款が成立
・梁啓超ら、憲法研究会を組織

【アメリカ】
サーカス団で調教師を殺害したとして、アジアゾウのメアリーが殺害される。
当時のサーカスでの、動物虐待の典型例として有名。

【フランス】
彫刻家のオーギュスト・ロダン(75)が、財産その他すべて(家も)を国家に寄付し、ロダン美術館を作ることが決定される。

1916年(大正5年)9月14日

出来事

【地方】
千葉に井上診療所が開設される(現在の井上記念病院)
北海道の旭川に、旭川女学校付属旭川幼稚園が開園

【鉄道】
阪神電気軌道が、501形電車8両を廃棄。北大阪線用の電車だが、4kmの路線に18両は多すぎたため。

【第一次世界大戦】
第7次イゾンツォの戦い
第6次で占領したゴリツィアを確実に防衛するため、ゴリツィア北部の陣地をイタリア軍が攻撃。
イタリア軍の人海戦術が、ようやく効果を表し始めている。

訃報:ホセ・エチェガライ・イ・アイサギレ(スペインの劇作家)


1832年マドリード生まれ、享年84歳。

劇作家として活躍され、スペイン人初のノーベル文学賞を1904年に受賞されました。
その功績をたたえ、マドリードにはエチェガライ通りが儲けられています。

1916年(大正5年)9月15日

ドイツ人捕虜の様子:万葉集に取り組む捕虜も

腕のある捕虜を民間で活用したら、という意見もあり、捕虜収容所内で染料の技師がいないか物色されましたが、自分で色が作り出せる捕虜はいなく、この計画は頓挫しました。

最近の捕虜の様子は、クリケットやバレーボールなどに興じていますが、中には熱心に勉強している者もいます。

青島の高等学校教授だったオットマー氏は、一昨年の11月に収容されて以来日本語の勉強を始め、昨年の夏には日本語が使いこなせるようになりました。
最近は万葉集を買い込み、解読にはげんでいます。

北里研究所でコレラ予防液を値下げ

コレラの流行は止まることを知らず、予防注射の希望もどんどん増えています。

北里研究所では、予防の普及を図るため、従来1瓶3円だったコレラ予防液を値下げし、1円50銭として16日から販売開始をする予定です。

住友銀行がサンフランシスコ支店を開設

住友銀行がサンフランシスコに支店を開設しました。
外国銀行は預金はできませんが、カリフォルニアへの日本人移民の内地への送金に力を注ぐということです。

*市中銀行初のサンフランシスコ出店

その他の出来事

【地方・鉄道】
山口県で美祢軽便鉄道(現在のJR西日本美祢線)が開業。
伊佐駅(現:南大嶺駅)~重安駅間 5.4km

【宗教】
内村鑑三の元に作られていた会が合同して、柏木兄弟団を結成。

【社会】
岩倉具張(38)が、借金を踏み倒そうとしたと、銀行より詐欺罪で訴えられる。
岩倉具張は維新の元勲、岩倉具視の孫。土地投機に失敗、新橋芸者に散財と巨額の借金を作り、親族会議で強制的に隠居させられていた。

訃報:ユリウス・フチーク(チェコの作曲家)

1872年生まれ、享年44歳。

オーストリア=ハンガリー統治下のボヘミアに生まれ、軍楽隊に入隊。
数々の行進曲、ポルカ、ワルツを作曲されました。

代表曲は「剣闘士の入場」で、現在もサーカスなどの定番曲として使われています。

史上初の戦車使用


9月26日撮影のマーク1

ソンムの戦いで、イギリス軍の第三次攻勢において、史上初の戦車が使用される。(マークⅠ)

49両が輸送されていましたが、実戦投入できたのは18両、そのうちトラブル無しで稼働したのは5両のみでしたが、新型兵器にドイツ軍は心理的な恐怖を植えつけました。

実戦への投入は極秘に行われ、輸送の際には武装をつけず、ペトログラード行きの札がつけられていました。
武装をつけない状態だと、給水を行なう車両に見えたため「タンク」という名称になっています。

この新型兵器には、鉄条網を破壊すること、機関銃の盾として歩兵の前進を促進することが期待されています。

戦車の効果もあってか、これまで2か月間制圧できなかった丘陵地帯を占領し、イギリス軍は1800mの前進に成功しました。

関連記事:1915年9月9日

1916年(大正5年)9月16日

簡易保険の準備

郵便局で、労働階級を主とした簡易保険を、10月1日から開始する予定です。
全国の郵便局でも保険課を設け、店開きを始めています。

二府十県を束ねる大阪の西部逓信局で、関保険課長に話をうかがいました。

私自身が昨日保険課に乗り込んだばかりで、まだ何も手についておりません。

10月1日の開始までに、本省から一般向けの案内書が届くはずで、これを各郵便局に備え付けるか、適当な方法で労働階級の各戸に配賦することになるでしょう。

なにぶん人数が少ないので、民業のように戸別勧誘をすることはできませんが、機会があるごとに会社とか工場とかには、私をはじめ課員が出馬して、簡易保険の便利、効能を講釈してみようと思っています。

保険はすべて東京の貯金局で集中して処理しますから、申し込みから契約成立までに或いは多少の日も要し、かつ保険金受取りに急を要する場合に間に合わぬおそれがないではありませんが、これは必ず適宜に早く支払える方法ができると信じます。

こうしていよいよ開業の暁に、加入者がどれぐらいできるかはなかなか難しい問題で、本省でも意見がまちまちですから、ちょっと見当がつきません。

しかし全国7300あまりの郵便局がやるのですから、1局に3人としても、相当の数ができるわけです。

なお、開業当初には事務不慣れで、多少敏活を欠くかもしれませんが、おいおいやります。

工場法の実施状況

大阪工業会では、商業会議所にて工場法適用に関する講演会を行ないました。
次いで質疑応答があり、府の担当者が質問に答えています。

工業界の反応:ガラス工場

ガラス製造業では、職工の多くは12歳程度の幼年職工です。中には10歳未満もいます。
これらすべてに工場法が適用されるとすると、ガラス工業は全滅ということになるでしょう。

ガラス製造の、拭き込み、冷却、仕上げ、瓶の運搬などは、成年職工には簡単すぎて、また成年職工の給料に見合う仕事ではありません。

よって、ガラス工業では申し合わせをして、工場法の例外的許可を申請することになるかも、という噂があります。

コレラの予防注射で悪徳業者

全国的にコレラが猛威をふるっていますが、中には予防注射を利用して儲けようという会社もあります。

北里研究所に団体として、注射液を原価で譲り受け、医師・看護婦の派遣を要請し、一般市民から金を徴収して予防注射をしようとした会社があり、北里研究所では断じて要請を断っています。

その他の出来事

【第一次世界大戦・チェコ】
英仏が、マサリクらの亡命組織「チェコスロバキア国民会議」(2月パリに創設)をチェコ臨時政府として承認

【ドイツ】
ウェッペリン飛行船 2機が、ガス充てんの際に火災で焼失

【ロシア】
内務大臣が交替、新任はプロトポポフ(ラスプーチン派)

訃報:バジル・デューク (アメリカ 南北戦争の南軍将軍)


1838年生まれ、享年78歳。

大学卒業後すぐに南北戦争が勃発(1861)、ミズーリ州の独立派を指導するなど、若くして頭角を現し、終戦時には准将となっていました。
アメリカ連合国(南軍)の大統領ジェファーソン・デイビスの護衛も務めています。

終戦後は法律事務を行うかたわら、南北戦争に関する記録を残し、アメリカの歴史に貢献しています。
南軍高官の最後の生き残りとして、南部人の相談役ともなっていました。

1916年(大正5年)9月17日

新式装甲車輛の成功(*戦車のこと)

イギリスのヘイグ将軍による公報に、今回イギリス軍が使用した新式重装甲車輛についての言及がありました。
公報によると、この武装装甲車輛は一大成功をおさめ、発明者が車輛に搭乗し、途なき平野を大胆に疾駆し、その発明の効果を示したということです。

その他の出来事

【社会】
婦人矯風会が、第一回貞操問題後援会を渋谷協会で開催。

【地方・鉄道】
長野県に丸子鉄道が設立される。(現:上田交通)

【ドイツ】
マンフリート・リヒトホーフェン(26)が、初の撃墜記録。(*後の撃墜王)

【ロシア・ポーランド】
ロシア領ポーランド出身の軍人ヤン・ナグルスキが、飛行艇で初の宙返り飛行。
ナグルスキは、初めて北極圏を飛行した人物でもある。

1916年(大正5年)9月18日

陸軍飛行将校が墜落死

陸軍飛行中尉 樋口嘉種氏(28)が訓練飛行中、エンジンが爆発し墜落死しました。

樋口中尉は、午前9時49分、所沢飛行場から飛行を開始し、ちょうど午前10時、飛行場に戻る為、着陸姿勢をとろうとしたところ、エンジンが爆発。

樋口中尉は飛行機上から跳ね飛ばされ、200mの高さから飛行場内に墜落しました。機体は付近のサツマイモ畑にバラバラになって墜落しています。

事故の原因は不明ですが、何らかの原因で発動機から火が出て、これがガソリンに引火したものと思われます。

樋口中尉はベルトを解いており、飛行中に異変を覚知し、脱出を試みたものと思われます。

コレラの流行

夏季休暇後の短縮授業を行っている小学校では、9月21日から通常授業となり、午後の授業が再開します。
午後授業のためには、弁当を持参することになりますが、現在のコレラの流行から弁当持参は危険として、東京市では朝9時授業開始を8時に繰り上げ、午後の授業は行わないことに決定しました。

また日本国内での流行が飛び火し、朝鮮の仁川でもコレラ患者が発生しています。

その他の出来事

【社会】
石川武美(29)が東京家政研究会を設立、「主婦之友」を創刊。

【第一次世界大戦】
ドイツ軍の前参謀総長ファルケンハインがトランスシルヴァニアに到着。ドイツ軍の指揮をとり、ルーマニアに対して反転攻勢を開始。

この週に誕生日を迎えた人々

ハーバート・ヘンリー・アスキスイギリス首相64
ウィリアム・タフト前アメリカ大統領59
ボナー・ローイギリス保守党党首58
藤山 雷太東京商業会議所副会頭53
斎藤 隆夫衆議院議員46
幣原 喜重郎外務次官44
アルノルト・シェーンベルクオーストリア作曲家、従軍中42
ブルーノ・ワルタードイツ指揮者40
マーガレット・サンガーアメリカ、産児制限論者37
竹久 夢二婦人之友社絵画主任32
カール・デーニッツドイツ海軍士官候補生25
大宅 壮一茨木中学在学中16

編集後記

第一次世界大戦で、史上初めて戦車が実戦に投入されています。

まだまだ信頼性にとぼしく、実戦に投入できたのは49両中 5両だけでしたが、敵味方ともに心理的な影響には大きなものがありました。

日本国内では、コレラが引き続き猛威をふるっています。
コレラを利用した悪徳業者のニュースは、いつの時代でもこういったことがありますね。

美術院展の盛況は、横山大観などの大家が下足番をするなど、現代ではちょっとない状況です。
ネットはおろか、テレビもラジオもない時代で、人々の娯楽が少ない時代に、美術の地位は今より高かったということですね。

簡保の導入も、かなり呑気な応対になっていて、これも現代だったら批判が起こりそうなインタビューですが、時代がのんびりしていたんだと感じます。


さて、この百年前新聞ですが、1月から縮小して週一回の配信にしていましたが、別の仕事が忙しくなってきたこともあり、一時休載したいと思います。

個人的には非常に面白いので、なんとかして続けたいと思っていましたが、1日30分でやろうと思いつつ、いろいろ調べたりしていると2時間ぐらいかかる日も多いので、今は別のことに注力したいと思います。

ご愛読いただいた皆様には誠に恐縮ですが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

終了ではなく休載なので、いつか復活させたいと思います。


このサイトをやっていて、近代史に対する見方が変わってきました。
通常の歴史書だと、1年というスパンは1ページにも満たないことが多いですが、当たり前ですが、その中にもいろんな出来事が起こっています。

当たり前といえば当たり前なのですが、日々の積み重ねが歴史になっているんだな、ということを実感しています。

また。同時代的に追っていくことで、歴史上の出来事の伏線を疑似体験することができ、上手くやれば、まったく新しい歴史像を作れるんじゃないかと思います。


もしこれを読まれている方で、大学のゼミや歴史サークルの方がいて、百年前新聞を運営したいという方がいれば、遠慮なくご連絡くださいね。

では。またお会いできるように頑張ります!


索引語:アメリカ イギリス ドイツ バルカン諸国 ロシア 中国 事故 健康・医療 地方 学問 文化 朝鮮 満州 生活 産業 社会 第一次世界大戦 美術 航空 訃報 鉄道 陸軍

Posted by 主筆 at 2016/09/19/14:01

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事はありません。