百年前新聞

2018-01-22

百年前新聞とは?

1916年(大正5年)2月29日から3月6日の出来事

大正5年3月1日

1916年(大正5年)2月29日

【第一次世界大戦】ドイツ海軍が武装商船を無警告攻撃するよう、潜水艦作戦を強化

【アメリカ】サウスカロライナ州で、少年労働法が改正。就労年齢を、12歳から14歳に引き上げ

日付ははっきりしないが、2月の出来事

【チェコ】マサリクがパリでチェコ国民会議を創設

【アメリカ】写真結婚の禁止案が、議会に提出される 関連記事:写真結婚の世話

1916年(大正5年)3月1日

出来事

【社会】東京、大阪で、試験的に電話郵便が開始される

 郵便局に電話し、郵便局が文字に書いて配送する仕組み。
 参考HP:ハイブリッド通信「電話便」

【社会】宇都宮市で水道の給水開始

 3月28日までに申し込んだ場合、6月まで給水料無料

【鉄道】大分県で宇佐参宮鉄道が開業、豊後高田~宇佐八幡間。

【鉄道】熊本県で御船鉄道が小坂村~御船間を延伸

【海軍】水雷艇小鷹が除籍。老朽化のため。日清戦争では活躍した船。  

1916年(大正5年)3月2日


第8交響曲アメリカ初演

出来事

【国際】日露兵器交渉が成立、軍需品4500万円

【社会】小守壮輔を拷問した刑事4名が依願退職

【第一次世界大戦】シャルル・ド・ゴール大尉が捕虜に

フランス軍のシャルル・ド・ゴール大尉(25)が、ヴェルダン戦で重症を負い、ドイツ軍の捕虜となりました。
フィリップ・ペタン将軍は戦死と勘違いし、有能な部下の死に弔辞を送っています。

【文化】グスタフ・マーラーの交響曲第8番が、アメリカで初演(フィラデルフィア管弦楽団)

【北米】カナダのオンタリオ州で、禁酒法が可決

【ロシア】航空隊の士官ピョートル・イヴァーノフが、フランス製の複葉爆撃機「ヴォワザン」を改良し、初飛行を行なう

訃報: エリザベータ (ルーマニア王妃)


エリザベータ

1843年ドイツ王族の家に生まれ、ルーマニア国王に嫁ぎました。(イギリス国王との縁談もあった)

露土戦争では負傷兵の看護にあたり、また多くの慈善団体を立ち上げられています。
音楽や絵画にも素養があり、中でもルーマニアの伝説を盛り込んだ詩によって名を残されています。


1916年(大正5年)3月3日


【鉄道】中央本線の支線「多摩川支線」が砂利の運送を開始。立川~多摩川原駅間(3.7km)で、立川~日野間で本線から枝分かれする鉄道。

【鉄道】三重県の四日市鉄道が、四日市~諏訪間を延伸開業

【社会】ドイツのマックス・ヴォルフが小惑星「バーナーディアナ」を発見

【訃報】星野九門 (熊本の武道家)

天保8年(1838)生まれ。熊本藩の柔術師範で、居合の伝承者。明治に入り衰退していく武術を憂い、肥後流体術を成立させました。

【訃報】吉田禄在 (愛知県の政治家、実業家)

天保8年(1838)生まれ。尾張藩に生まれ、明治維新後は新政府に出仕。官を辞してからは名古屋に戻り、名古屋区長、第11国立銀行頭取、名古屋城の金鯱の保存など、名古屋のために尽くされました。衆議院議員も勤められています。

1916年(大正5年)3月4日

出来事

【第一次世界大戦】
イギリスとフランスが、占領したアフリカのドイツ植民地(トーゴランドとカメルーン)の勢力範囲を確定

【文化】ニューヨークで、ポーランドの独立主義者兼ピアニストのパデレフスキが、ストヨフスキのピアノ協奏曲第2番を演奏、大喝采を受ける

訃報: フランツ・マルク (ドイツの画家)


小さな青い馬(1911)

1880年ミュンヘン生まれ、享年36歳。

風景画家の息子として生まれ、動物を描く画家となりました。ゴッホに影響され、自由な表現をするようになり、青い馬や黄色い牛を描くようになります。
カンディンスキ―とともにドイツ表現主義の中心メンバーとなり、抽象画も手掛けるようになります。

第一次世界大戦に出征し、ヴェルダン戦で命を落とされています。
「ここ何日もの間、人間の心が描き出せる最も恐ろしい情景以外、見たことがない」(死の前日の言葉)

1916年(大正5年)3月5日

出来事

【第一次世界大戦】
東アフリカのドイツ軍掃討のため、イギリス、南ア、ベルギー、ポルトガルの連合軍が行動を開始

【文化】
アメリカの作家ジョンストン・マッカレーが、「ブラックスター」シリーズ初の作品を発表。犯罪を描いた大衆人気作品。

1916年(大正5年)3月6日

石鹸の値上げ報道

欧州の大戦争により、鉄、染料、紙などの物価が暴騰していることはしばしば報道の通りだが、ついに石鹸、足袋などの日用品にも及んできた。

石鹸は国内での生産が8割まで向上してきたが、その原料である苛性ソーダ、牛脂、椰子油などはすべて輸入に頼っていたのである。各種の原料が暴騰したため、1月に石鹸業者が申し合わせをして、化粧用を3割、洗濯用を5割の値上げをした。

ところが原料は騰貴する一方で、2月に再度業者が集まり、化粧用、洗濯用ともに8割の値上げをすることになった。従来10銭の化粧用が18銭、1銭の洗濯用が1銭8厘になったのである。

だがこれでも石鹸業者は需要に対して気遣いをしているので、石鹸の製造を止める会社も出てくるのでは、と噂されている。

その他の出来事

【第一次世界大戦】
ヴェルダンの戦いで、ドイツ軍がマース川西岸に主攻撃目標を転換。ル・モルトンムの丘、304高地を巡って、ドイツ・フランス両軍の間で激しい戦闘が行われる。

訃報: 飯盛 挺造 (物理学者)


Wikipediaより

1851年肥前生まれ、享年64歳。

医師を志して上京し、後に東京帝国大学医学部の助教になられました。その際、物理学の本を翻訳し、1920年ごろまで広く使われる物理学の教科書となっています。

1882年に、ドイツのフライブルク大学に留学(マルセイユまで森鴎外と同乗)し、「反射光を利用する真空式微量天秤」を考案されました。

帰国後は後進の教育に力を注ぎ、私立薬学校の創立に関わられたり、女子高等師範学校(現お茶の水大学)の教授などを勤められています。

訃報: ワシ―リー・スリコフ (ロシアの画家)

1848年シベリア生まれ、享年68歳。

庶民の日常生活を重視した、歴史画の大作を得意とされました。ロシアでは国民的な画家です。


シベリア征服

この週に誕生日を迎えた人々

ゲオルグ・ジンメル (58) 社会学者
段祺瑞 (51) 袁世凱の帝政に非協力
ローザ・ルクセンブルク (45) スパルタクス団リーダー
正宗 白鳥 (37) 文学者
米内 光政 (36) ロシア駐在武官(海軍中佐)
松岡 洋右 (36) 外務官僚
豊田 利三郎 (32) 豊田佐吉の娘婿
エイトル・ヴィラ=ロボス (29) リオ・デ・ジャネイロで音楽活動
ニコライ・コンラド (25) 日本留学中
芥川 龍之介 (24) 作家
李光洙 (24) 早稲田大学留学中
宋 美齢 (18) アメリカ留学中
周恩来 (18) 天津 南海中学学生

編集後記

第一次世界大戦では、引き続きヴェルダン戦が行われています。
この頃は、1日に1万人の死者が出ると言われる激戦の時期で、ド・ゴールが捕虜となったり、画家のフランツ・マルクが亡くなったりしています。

日本国内では特に大きな出来事はありません。
鉄道がいくつか開通したり、宇都宮で水道が給水開始したり、と、インフラの整備が進んでいることが分かります。

アメリカの写真結婚禁止法案、というのがちょっと面白い記事です。日本人移民が、写真で結婚を決めてしまうというのも、現在とは感覚がだいぶ違ってますね。

今週は以上です。


索引語:アフリカ アメリカ ドイツ ロシア フランス 地方 文化 海軍 生活 産業 社会 移民 第一次世界大戦 航空 訃報 鉄道 音楽

Posted by 主筆 at 2016/03/07/13:53

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事へ 次の記事へ